夫に家事の手伝いをお願いする方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fufu-kitchen

夫が家事を手伝ってくれない!
結婚当初は「手伝おうか?」と言って家事を手伝ってくれたのに、最近は家事の手伝いをお願いすると疲れてると断られてばかり…。

挙句の果てには
「たまには少し位家事を手伝ってよ!」
「俺だって仕事で疲れてるんだよ!」
と言い合いになったり。

そんな方のために、世の奥様方がどうやって夫に家事をお願いしているのか、調べてみました。
お互い嫌な気分にならずに、上手く夫に手伝ってもらえるようになるといいですね。



【スポンサードリンク】


優しく、そしてきちんと説明して夫に家事をお願いする

「たまには少し位家事を手伝ってよ!」なんて感情に任せてお願いしてしまうと逆効果です。

夫にちょっとだけなら手伝ってもいいかな…と思ってもらえるよう、夫の態度にいらいらしても優しく接すると反応がいいそうです。

女は感情に生きる生き物、男は理性に生きる生き物。

感情に働きかけるよりかは、家事を手伝ってほしい理由をきちんと説明すると、理解を得やすいそうです。

「ちょっと子供を寝かしつけてくるから、お皿洗っておいてくれる?」
「ちょっと重たいから、これ運んでくれる?」
といった感じで、家事が出来ない理由を説明しましょう。

疲れているときは素直に態度で示せば、夫は家事を手伝ってくれる

日々の家事で疲れ切っているときに限ってついついイライラしてしまい、夫に感情的にぶつかってしまうものです。

手伝ってくれないことにイライラする気持ちをぐっと抑え、疲れているということを素直に態度に出すと
「最近疲れ気味だから、ちょっと家事を手伝ってあげようか」
と気を使って手伝ってくれるそうです。

夫に手伝って欲しい範囲を明確に限定することで簡単なお願いに見せる

ただ漠然と「手伝って」というだけでは、夫からしたら、あれもこれも手伝わなきゃいけないように思えてしまいます。

たまには手伝ってくれたっていいのに…という気持ちを抑え、
「ちょっとお皿だけ下げといてもらえる?」
と「何」を「どこまで」手伝えばいいのか明確にしてお願いしましょう。

手伝って欲しい範囲を明確に限定することで
「それくらいなら手伝ってあげよう」
という気持ちになるそうです。



【スポンサードリンク】


ゲームを仕掛けて家事を手伝ってもらい、夫を楽しませる

私ばかり家事やってる…と思っている一方で、夫は「俺は仕事で帰ってきた後なのに家事まで手伝ってる…」と思っているかもしれません。

夫からしたら仕事に加えて家事までやらなきゃいけないことを不公平に思っても仕方がないでしょう。

そこで平等に感じられるよう、ゲームで負けた方が家事をやるようもちかけてみると、夫が家事をやってくれるそうです。

特にゲーム好きだったりムキになりやすいタイプの男性には効果覿面ですね。

上手くゲームを利用して、家事の手伝いを楽しいものにしましょう!

仮に夫が負けた場合であっても、ちょっと手伝ってあげれば気を良くするかもしれません。

家事を手伝ってくれた後は、夫に感謝の言葉を

普段家事に慣れていない夫の家事の出来ばかり気になってしまいますが、誰でも最初はできなくて当たり前です。

そんなんじゃ困る!と言いたいところをぐっとこらえて、ただ家事を手伝ってくれた気遣いに対してお礼を言いましょう。

本当にどうでも良かったか家事なんて手伝ってくれるわけありませんからね。

夫に手伝って良かったと思ってもらえればwinwinの関係です。

少しでも上手く家事が出来たら、夫を褒める

男性はプライドの高い生き物。
家事を褒められるととても嬉しいそうです。

上手く褒めれば、どんどん積極的に家事をやってくれるようになるかもしれません。



【スポンサードリンク】


以上、夫に家事のお願いをする方法でした!

夫の性格を読んで、上手くお願いするのがコツのようですね。

とはいえ夫がどんな性格であっても、
・夫が嫌がるような頼み方はしない
・家事を手伝ってくれたら「ありがとう」という
・たとえ下手でも手伝ってくれたことに感謝する
の三つだけは大事でしょう。

少しでも、お役に立てたら幸いです。

関連記事