肌の保湿力を高める食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hada1

夏も終わって、そろそろ乾燥が気になる季節。
肌の保湿力が低下していることを日々感じています。
そこで化粧品に頼らず、身体の中から肌の保湿力を高める食べ物を調べました。



【スポンサードリンク】


牛乳で肌の保湿力UP!

牛乳を10日間続けて飲むと肌の細胞がくっつき、保湿力が高まるそうです。
ただし日本人には牛乳を飲めない体質の方も多いそうです。
どうしても牛乳が苦手な方は他の食品で肌の保湿力UPを目指しましょう。

より肌の保湿力高めるお勧めの飲み方は?

一日3杯、黒こしょうを小さじ1/2入れて飲むと効果的です

コラーゲンを含む食品で肌の保湿力UP!

コラーゲンは皮膚の細胞と細胞をつなぐ働きをしています。
年齢とともにコラーゲンは不足してくるそうです。
牛すじ、豚足、手羽先等に多く含まれています。

またサバやイワシの缶詰にも多く含まれているので、料理をする時間がないときは、缶詰を有効活用しましょう。



【スポンサードリンク】


大豆で肌の保湿力UP!

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似ていることが有名ですが、肌の保湿力UPにも効果的です。

大豆イソフラボンはコラーゲンの生成を助け、肌のうるおいやハリ、弾力アップを促します。
また大豆には疲労回復や肌の再生に必要不可欠なビタミン群が多く含まれているので、疲れ切った肌の回復にもおすすめです。

大豆と一緒に摂ると、肌の保湿力UPに効果的な食品は?

・ゴマ
ゴマにはゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。
ゴマリグナンは老化を抑止する効果だけでなく、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つので、大豆と合わせて取ると美肌効果がUPします。

・抗酸化野菜
大豆には大豆イソフラボンやビタミンBが豊富に含まれていますが、
・肌を正常に保つ働きをするビタミンA
・抗酸化作用が含まれるビタミンC
・血管の若返りや美肌に効くカロテノイド
といった栄養素が不足しています。
これらを含む抗酸化野菜を一緒に摂ることで、さらに美肌効果UPします。
抗酸化野菜の例:バナナ、カボチャ、ニンジン、キャベツ、にんにく、しょうが等

・はちみつ
はちみつには便秘を解消するオリゴ糖が含まれています。

便秘が慢性化すると、町内に有害物質やガスが発生します。
腸内で発生した有害物質は皮膚を通して排出されます。
その結果、皮膚のエネルギーが有害物質の排出ばかりに使われるようになり、肌の恒常性が崩れてしまいます

便秘を解消することで、肌が正常な働きをするようになるので、保湿力もアップするそうです。

エラスティンを含む食品で、肌の保湿力UP!

エラスティンは保湿成分です。
皮膚の真皮や靭帯、血管を生成しています。
特に真皮の中ではコラーゲン同士を結び付ける働きをしているので、肌の保湿力を保つには欠かせません。
エラスティンは25歳前後をピークとして体内で生成される量が減っていき、一度壊れると再生されないこともあります。

肌の衰えが気になってきたときには積極的に摂取したいですね。

エラスティンは小豆、しらす、かつおぶし、のりに含まれています。

ヒアルロン酸を含む食品で、肌の保湿力UP!

ヒアルロン酸はもともと人体に存在する成分で、とても保湿力に優れています。
なんとヒアルロン酸1gあたり、6lもの水を蓄積することができるそうです。
ヒアルロン酸は肌の保湿力を保つだけで

おまけ:ビールも肌の保湿力UPに効果的

ビールを1日100cc飲むと、女性ホルモンが三倍に増えるという研究結果が日本皮膚学会から出ています。
ただし、飲み過ぎには注意です!



【スポンサードリンク】


以上、身体から肌の保湿力をUPするために摂取したい食べ物でした。
乾燥しきってから慌てて化粧水に頼ることなく、日頃から肌をメンテナンスして保湿力を保ちたいですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事