国勢調査 調査員の報酬(2015)・資格・仕事の大変さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国勢調査の調査員イメージ

2015年10月に国勢調査が行われますが、国勢調査の調査員って報酬はもらえるのでしょうか?

調べたところ、国勢調査の調査員は資格も不要で報酬もきちんとでるそうです。

国勢調査の調査員ってバイトじゃないの?という声もありますが、非常勤の公務員にあたるそうです。

それでは調査員の報酬、応募資格、仕事の内容、仕事の大変さについて見ていきましょう。



【スポンサードリンク】


2015年 国勢調査の調査員の報酬

調査地域の世帯数によって変わってきますが、
3万円から7万円程度となっているそうです。

調査員は1調査区もしくは2調査区を担当することになります。

おおよその目安として、1調査区約50世帯で4万円程度の報酬がもらえるそうです。
2調査区で140世帯だった場合には約7万程度だそうです。

2015年 国勢調査の調査員の応募資格。バイト並のハードルの低さ?

国勢調査の調査員の応募資格は以下の通りです。

年齢20歳以上(調査員任命日に20歳に達するかたは事前応募可)おおむね60代前半までのかた
税務、警察、選挙に直接関係ないこと
暴力団・暴力団員と密接な関係がないこと
責任を持って仕事に取り組めること
秘密を保持できること
健康であること

どうやら、健康な成人の方であればどなたでも、参加ができるようです。
特殊な資格がいらないだけに、国勢調査の調査員はバイト!といわれてしまっているそうです。

確かに、信用の無い人に個人情報を渡すのは怖いです。

でも、必ずしも特殊な資格を持っていたり年収が高かったりする人がまともで、無資格の年収が低い人がまともではないというわけではありません。

むしろ、正社員で働くことが厳しいバイトの人こそに雇用の機会を与えてほしいと思います。



【スポンサードリンク】


2015年 国勢調査の調査員の仕事とは?オンライン調査も追加!

国勢調査の調査員の仕事 その1

調査員証を受け取り、担当地域を確認します。
その後で、調査内容や調査方法の説明を受けます。

国勢調査の調査員の仕事 その2

9月10日から9月12日までの間に、インターネット回答の回答案内を配布します。
とはいえ、昼間だと不在の世帯も多いので、不在だった場合には連絡メモを残すように指示されているそうです。

ところが実際には、そのままポストに投函してあるだけの地域も多いそうです!
インターネットの回答案内には回答用のIDが記載されています。
くれぐれも盗難にあわないよう、ポストをしっかりと確認して下さい。

国勢調査の調査員の仕事 その3

インターネット回答がなかった世帯に、9月26日~9月30日の間に紙の調査票を配布します。
国勢調査の調査員を騙る詐欺も発生していますので、注意して下さい。

参考記事
国勢調査 拒否の罰則・罰金

国勢調査の調査員の仕事 その4

紙の調査票に発送が無かった世帯から、調査票を回収します。
訪問が難しい市区町村の場合には、郵送で対応することもあるそうです。

国勢調査の調査員の仕事 その5

国勢調査の調査書類をチェックして整理し、提出します。

国勢調査の調査員の仕事は以上になります。

戦前は国勢調査の調査員に選ばれるということは一つのステータスだったそうです。
農村のタテ社会を利用して、地方の有力者に国勢調査を頼むことで円滑に国勢調査を進めていたようですね。

現在では市区町村による一般公募での選出が一般的です。
本当にバイト感覚で国勢調査の調査員が出来るようになりましたが、地域によっては調査員が不足しているところもあるそうです。

確かに知らない方の家に訪問するのは怖いですからね。

国勢調査の調査員の仕事は大変?

国勢調査の仕事の大変さは地域によって異なるようです。

特に東京都内のようなアパートやマンションの単身世帯が多い地域だと、階段の上り下りがきつい上に、不在の場合も多くて大変だそうです。

更に今年はインターネット調査が追加された分、1回多く訪問することになるので大変となるでしょう。

国勢調査の調査員に守秘義務がある!

バイト感覚で出来る国勢調査の調査員とはいえ、非常勤の公務員にあたります。
国勢調査の調査員には業務中はもちろん、業務終了後も守秘義務が課されることになります。

統計法第41条で定められています。

(守秘義務)

第四十一条  次の各号に掲げる者は、当該各号に定める業務に関して知り得た個人又は法人その他の団体の秘密を漏らしてはならない。

一  第三十九条第一項第一号に定める情報の取扱いに従事する行政機関の職員又は職員であった者 当該情報を取り扱う業務

二  第三十九条第一項第二号に定める情報の取扱いに従事する地方公共団体の職員又は職員であった者 当該情報を取り扱う業務

三  第三十九条第一項第三号に定める情報の取扱いに従事する届出独立行政法人等の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者 当該情報を取り扱う業務

四  行政機関、地方公共団体又は届出独立行政法人等から前三号の情報の取扱いに関する業務の委託を受けた者その他の当該委託に係る業務に従事する者又は従事していた者 当該委託に係る業務

五  地方公共団体が第十六条の規定により基幹統計調査に関する事務の一部を行うこととされた場合において、基幹統計調査に係る調査票情報、事業所母集団データベースに記録されている情報及び第二十九条第一項の規定により他の行政機関から提供を受けた行政記録情報の取扱いに従事する当該地方公共団体の職員又は職員であった者 当該情報を取り扱う業務

六  前号に規定する地方公共団体から同号の情報の取扱いに関する業務の委託を受けた者その他の当該委託に係る業務に従事する者又は従事していた者 当該委託に係る業務

万一守秘義務を怠った場合には、2年以下の懲役または100万円の罰金が科されるそうです。
統計法第57条で定められています。

第五十七条  次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
一  第十七条の規定に違反して、国勢調査その他の基幹統計調査の報告の求めであると人を誤認させるような表示又は説明をすることにより、当該求めに対する報告として、個人又は法人その他の団体の情報を取得した者
二  第四十一条の規定に違反して、その業務に関して知り得た個人又は法人その他の団体の秘密を漏らした者
三  第四十三条第一項の規定に違反して、その業務に関して知り得た個人又は法人その他の団体の秘密を漏らした者
2  前項第一号の罪の未遂は、罰する。

報酬もお手頃で気軽にできるからこそ、うっかり口をすべらせたりすると大変なことになってしまいますので、気を付けましょう!



【スポンサードリンク】


以上、国勢調査の調査員の報酬、応募資格、仕事内容についてでした。
5年に一度しかありませんが、報酬を貰いながらも地域貢献ができる貴重な機会です。
普段何気なくお世話になっている地域や行政への感謝の気持ちを込めて、1度はやってみたいものですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事