火砕流とは?温度、距離、速度、被害について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火砕流

阿蘇山の噴火で、火砕流が起こる可能性があると警戒されています。
火砕流は火山噴火現象の中でも最も警戒すべき現象だと言われていますが、一体火砕流とは何なのでしょうか?

火砕流の温度、距離、速度と主な被害、それから雲仙普賢岳の大火砕流について調べました。



【スポンサードリンク】


火砕流とは?

火砕流とは、噴火で放出された高温の噴出物が、火山帯斜面を流れ落ちる現象です。

地下から地上にマグマが上がってくると、マグマは地上で溶岩ドームを生成します。
さらにマグマが地上に上がってくると、一度生成された溶岩ドームに割れ目ができ、崩れ始めます。

溶岩ドームが崩れはじめると、噴火口内で溜まっていた高温の火山性のガスが一気に噴き出し、ガスが周りの岩石を巻き込みながら火山帯斜面を流れ落ちていきます。

火山性のガスは空気より比重が重いので、岩石を巻き込みながら地上を這うようにして落ちていくので、人的被害が大きくなる傾向にあります。

以上が火砕流が起こるメカニズムです。



【スポンサードリンク】


火砕流の温度は100度~700度

火砕流は一般的に100度~700度と言われています。
ところが、中には1000度を超える火砕流や低温の火砕流もあります。

このうち注意したいのは低温の火砕流です。

低温の火砕流は時速360kmを超えることもあり、高温の火砕流と比較すると高速であるため、被害が大きくなる可能性が高いそうです。

火砕流の到達距離。大火砕流の場合は100km地点まで到達することも

大規模噴火では火砕流はなんと100km地点まで到達するといわれています。
日本で有名な雲仙普賢岳の大火砕流では、4.3km地点まで火砕流が到達したそうですが、富士山の噴火では約8400前に17km地点まで火砕流が到達した痕跡があるそうです。

火砕流の速度は時速100kmを超えることもある

非常に長距離まで到達する火砕流ですが、その速度が速いことも問題になっています。
時速100kmを超える速度で火山の斜面を流れ落ちることもあります。

よって火砕流が発生してから逃げていたのでは、間に合いません。

火山周辺に住んでいる方はハザードマップをチェックしたうえで、火砕流が発生する規模の火山活動がある場合には、早めに避難をする必要

火砕流の主な被害はやけど

火山噴火の健康被害で109年の間に9万人もの方がなくなったそうですが、主な症状は火砕流によるやけどだそうです。
目や皮膚のやけどの他、気道のやけどにより呼吸器に問題が起こるケースもあります。
また火山灰を吸い込むと、呼吸困難となることもあるそうです。

雲仙普賢岳の大火砕流について

日本では1991年の雲仙普賢岳の噴火時の大火砕流が有名です。
雲仙普賢岳の火砕流は4.3km地点まで到達し、43人の方がなくなっています。

火砕流の温度は300度~400度程度であるといわれていて、高温だったがゆえに被害が大きくなったとされています。

この時の火砕流は大きくなった溶岩ドームの一部が崩れて火砕流を引き起こすことの繰り返しで、9425回もの火砕流があったと言われています。

火砕流の到達距離も回数を重ねるごとに増えていったそうですが、当時は火砕流に関する認識が薄く、逃げ遅れた人が増えたのではないかと言われています。



【スポンサードリンク】


以上、火砕流についてでした。
火砕流が発生してから逃げたのでは間に合わないので、各種情報に注意しながら、いつでも逃げられる体制を取っておきたいですね。

少しでもお役に立てば幸いです。

関連記事