国勢調査オンラインの回答期限とセキュリティシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セキュリティ

2015年の国勢調査からオンライン回答が可能となりましたが、オンライン回答期間を過ぎると、従来の通り訪問または郵送での回答となります。

調査員の訪問もかたり調査があるのでなるべく避けたいですが、やはりオンライン回答もセキュリティシステムの脆弱性が怖いですね。

そこで国勢調査のオンライン回答期間と、セキュリティシステムの安全性について見ていきましょう。



【スポンサードリンク】


国勢調査のオンライン回答期間はいつまで?

国勢調査のオンライン回答期間は9月10日から9月20日までです。
オンライン回答を済ませた場合には調査員の訪問はないので安心です。
既に青い封筒のオンライン回答の利用案内が届いているはずです。

ポスティングされている場合もあるので、手元にない方はポストをチェックしましょう。

ちょうどシルバーウィークの最中で、回答をついつい忘れてしまうかもしれません。
気が付いた時に回答しておきましょう。

ちなみに国勢調査の回答は義務になっています。
国勢調査の拒否は罰則の対象



【スポンサードリンク】


国勢調査オンライン回答期間のセキュリティシステムはどうなってるの?

国勢調査オンラインのフィッシング詐欺対策について

既に国勢調査オンラインを騙った偽ジョークサイトが話題となっていますが、国勢調査オンラインのセキュリティシステムはどうなっているのでしょうか?

偽サイトのニュースを見てフィッシング詐欺が心配となりました。
それでもインターネット回答の手順に従えば、フィッシング詐欺の被害に遭うことはなさそうです。

手順通りURLの直打ちかQRコード使用であれば、酷似した偽サイトに誘導されて個人情報がとられる可能性はありません。

メールで国勢調査の案内が来ることはありません。絶対にメールからの国勢調査のURLにはアクセスしないようにしましょう。
同じくtwitterやfacebookに載っているURLにもアクセスしてはいけません。

検索エンジンからの場合でも、酷似したサイトに誘導される可能性があるので、手順を守ってを利用して下さい。

国勢調査オンラインのSSL証明書について

SSL証明書とは、WEBサイトの身元証明や通信情報の暗号化に使われます。

SSL証明書には安全な方からEV SSL証明書、OV SSL証明書、DV SSL証明書の三つがあります。
EV SSL証明書は運営者の実在性審査が統一されていて、非常に厳格です。
また各種ブラウザでも、アドレス欄が緑色に光って発行者が確認できるので、運営者が証明されたサイトであることが分かりやすいです。

国勢調査オンラインで利用しているのは、真ん中のOV SSL証明書です。
勿論OV SSL証明書でも身元確認は行われていますが、EV SSL証明書と違って審査基準が統一されていないので、攻撃者自らがOV SSL証明書を取得すれば通ってしまう可能性もあります。

またOV SSL証明書の場合にはブラウザのアドレス欄は緑色になりません。
ぱっと見では公式サイトであることが分からないので、万一トップページを改ざんされて他に誘導されていた場合に、見逃してしまう可能性がります。

予算の問題かもしれませんが、国民の安全のためにもEV SSL証明書を使って欲しかったですね。



【スポンサードリンク】


以上、国勢調査オンライン回答期間についてと、国勢調査オンラインのセキュリティシステムについてでした。
国勢調査オンラインのセキュリティシステムに多少難があるとはいえ、訪問での調査もかたり調査や調査員とのトラブルが懸念されます。
参考記事
国勢調査の訪問の断り方について

総合的にみたら、個人的にはオンライン回答が一番安全だと思います。

オンライン回答を希望している方は、9月20日までに回答しておきましょう。

関連記事