連休明けの仕事に行きたくない憂鬱な気分を解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連休明けの朝

連休明けの仕事って憂鬱ですよね。
酷い時には「このまま仕事を辞めてしまいたい」とさえ思ってしまいます。
もう毎度毎度憂鬱で仕方がないので、少しでも解消したいです。

そこで連休明けの仕事に行きたくない憂鬱な気分を解消する方法を調べてみました。



【スポンサードリンク】


連休明けの仕事に行きたくない憂鬱な気分を解消する方法

職場に行くことだけに集中して憂鬱な気分を軽減

連休明けは仕事に行くのが憂鬱ながらも、一回行ってしまえば何とかなってしまう。
そんな経験はありませんか?

仕事に行くのが憂鬱な理由の一つとして、タスクのことを必要以上に重く受け止めてしまっていることがあります。

普段の仕事では問題なくこなせているタスクでも、休むことに身体が慣れてしまうと、とても大きなタスクに感じられてしまいます。

おまけに実際に目の前にないのに、想像の中だけでタスクの量を測ってしまっているので、どんどん頭の中のタスクは大きくなるばかりです。

そこでひとまず、「職場に到着したら何をするか」は一旦忘れましょう。

「休み明けだし、皆休みボケしてるよね。今日は職場に着いたらのんびりしよう。」位の心持ちであれば、少しは仕事に行く足も軽くなります。

やるべき仕事はさておいて、職場に行くことだけを目標としてみましょう。

今日一日だけ仕事に行く気分でいる

楽しい連休が終わり、また憂鬱な1週間が始まると思うと気が重くなります。
仮に一日行って次の日がまた休みならば、多少憂鬱な気分は軽減されます。

「最悪明日は仮病を使って仕事を休んでしまえ!」位の心持ちで、今日一日だけは頑張る!と覚悟を決めてしまいましょう。

実際休めるかどうかはともかくとして、1週間分の仕事を漠然と考えるよりかは今日の仕事だけに集中した方が、気分も楽になり、作業効率も上がります。

仕事の後に予定を入れて、憂鬱な気分を解消

まだ連休気分が抜けなくて、つまらない仕事に行きたくない!と思っている場合は、仕事の後に買い物や外食の予定を入れて、連休気分を引きずってしまいましょう。
今日一日仕事が辛くても、また仕事が終わったら楽しみがあるというだけで、大分憂鬱な気分が軽減されます。



【スポンサードリンク】


音楽を聴いて憂鬱な気分を解消

憂鬱な気分さえ軽減されれば、仕事に行くこともそれほど苦にはなりません。
そこで憂鬱な気分を晴らすために、音楽の力を借りましょう。

音楽を聴くと、リラックス状態を表すα波が出ることが明らかになっています。
聴く曲はモーツァルトがいいという方もいますが、好きな曲を聴いているときは何の曲でもα波が出ているそうです。

朝早く起きて、コーヒーや紅茶を飲みながら音楽を聴けば頭がすっきりしますが、寝坊してぎりぎりになってしまった時のために、スマホに音楽を入れておきましょう。

電車の中で音楽を聴いているだけでも、憂鬱な気分を解消できます。

朝食を食べて、連休明けの疲れた身体をケア

朝食を食べることで、仕事に行くのに必要なエネルギーを摂りましょう。
簡単にエネルギーに変えられるブドウ糖が含まれる、白米やパンを食べましょう。
バナナやチョコレートにもブドウ糖が含まれています。
特にチョコレートはブドウ糖の含有量が多いので、一口食べるだけでも良いエネルギー原になります。

白米やパンにおかずを追加して、疲労回復に効果のあるビタミンB群も摂取すると、連休明けの身体の倦怠感が解消されます。

ごはんと相性のいい、納豆や卵にも豊富に含まれています。



【スポンサードリンク】


以上、連休明けの仕事に行きたくない憂鬱な気分を解消する方法でした。
何より仕事に行く前から色々と考え込んでしまうことが、憂鬱な気分の原因になってしまっているようです。
憂鬱な気分を解消しようと前向きに考えるだけでも、少し気分が明るくなりますね。

少しでもお役にたてば幸いです。

関連記事