にんにくの臭い消し 手の臭いも即解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にんにく

ジューシーで子供も大好きなにんにく料理。
疲労回復にも効果抜群なので、積極的に食卓に出したいですね。

にんにくと言えば臭いが気になりますが、食べた後の臭いだけではなく、調理後の手の臭いも厄介です。

そこで美味しくにんにく料理を食べるために、手に付いたにんにくの臭いの消し方と予防法について調べました!

口臭や体臭の消し方は以下の記事を参考にして下さい。
翌日以降のにんにくの臭いの消し方



【スポンサードリンク】


手に付いたにんにくの臭いの消し方

ステンレスで臭いを消す

ステンレスはとても高い消臭効果を発揮します。

臭いの原因であるマイナスの電子を、ステンレスのプラスの電気が吸収してくれることで臭いが消えるそうです。

流し台や水道のステンレスに触れて、手を洗うだけでも臭いが軽減されます。

最近ではステンレスソープという商品も人気だそうです。
にんにくの臭いに限らず、玉ねぎや魚の臭いにも効果的です。

柑橘系の汁で手にの臭いを消す

手に付いた臭いには、レモン・オレンジ・みかんなどの柑橘類が効果的です。
柑橘類の皮を折り曲げて、出てきた汁を手に付けてこするだけで、臭いが消えます。

柑橘類からでる汁には、消臭効果だけではなく殺菌効果もあるので、衛星的です。

食べ終わったみかんの皮が残っていたら有効活用したいですね。

お茶の葉で臭いを消す

お茶の葉に含まれるカテキンにも消臭効果があります。
乾いたお茶の葉よりも、濡れたお茶の葉の方が消臭効果が高いようです。
お茶を飲み終わった後の茶殻を使っても効果があるので、無駄になりませんね。

お茶の葉の消臭効果はにんにくの臭いに限らず、冷蔵庫やクローゼット、押し入れ等、どこでも効果があります。

乾燥させて伝線したストッキングに入れれば、乾燥剤や脱臭剤として衣服を守ってくれます。

靴の中に入れておけば、靴の臭い消しにも使えます。

飲み終わった後の茶殻をそのまま捨てるなんて、勿体ない位万能ですね!



【スポンサードリンク】


にんにくの臭いを手に付けない為の予防法

よく切れる包丁を使う

よく切れる包丁を使うことで、にんにくの汁が飛び散るのを防げます。
スパッと素早く切ると、より汁が飛ばなくなります。

にんにくだけではなく、玉ねぎにも効果的です。
玉ねぎを切りながら泣いてしまう方は、良く切れる包丁を使ってみて下さい。

にんにくを冷凍する

にんにくを冷凍状態にするとにんにくの汁が凍るので、汁が飛び散りにくくなります。

さらに冷凍することで、長期保存できるようになります。

薄皮と一緒に冷凍して使う分だけ解凍するのが、にんにくを長持ちさせる秘訣です。

ビニール手袋をして臭いを予防

ビニール手袋をして直接にんにくを触らないようにすれば臭いが付きません。
ゴミが出るのが勿体ないですが、凍らせる必要もなく手軽に出来る対策です。
買ってきてすぐに使いたいときに、おすすめの予防法です。



【スポンサードリンク】


以上、手に付いたにんにくの臭いの消し方と予防法でした。
手に付いたにんにくの臭いを消すことが出来れば、気持ちよくご飯が食べられますね。

お金もかからず簡単に出来る方法ばかりなので、是非試してみて下さい。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事