にんにくの臭い消し 翌日の口臭・体臭対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にんにく

美味しくて身体にも良いにんにく料理。
ついつい沢山食べてしまいますが、やっぱりにんにくの臭いが気になります。
油断していると、翌日までにんにくの臭いが残ってしまうことがありますね。

そこで、大事な用事があるからどうしてもにんにくの臭いを消したい!と思った時に便利な「翌日のにんにくの臭いの消し方」について調べました。



【スポンサードリンク】


にんにくの臭いの原因は?

にんにくの臭いの原因は、「アリイン」という物質です。
アリインはにんにくのスタミナアップの元となっている薬効成分で、疲労回復や冷え症の改善に効果があります。

アリイン自体はもともと無臭です。
生のにんにくをすりおろしたり、包丁で切ったりすると、アリインとアリナーゼという酵素が反応してアリシンに変化します。

このアリシンに、硫黄の臭いがあります。
アリシンが体内に入ると、アンモニアやピルビン酸等の様々な硫黄化合物に変わり、それが体外に排出されることで独特の口臭や体臭を放つようになります。



【スポンサードリンク】


にんにくの臭いはどうして翌日も残るの?

にんにくの口臭は時間程度で消えると言われています。
ところがにんにくの体臭となると、臭いの元になっているアリシンが体中に蔓延してしまうため、翌日以降もなかなか消えません。

肺に溜まったアリシンが呼吸を通じて外にでることで、消えたはずの口の臭いも再び発生してしまいます。

アリシンが体内から排出されて体臭が消えるまでには個人差がありますが、完全に消えるには大体48時間程度かかると言われています。

どうしても気になる時は、ブレスチェッカーを使って口臭を測ってみて下さい。

翌日のにんにくの臭いの消し方は?

水を飲む

翌日以降のにんにくの臭いの原因は、体内に溜まっているにんにくの臭いの元が原因です。
体内に溜まっているにんにくの臭いの元を排出出来なければ、ガム等による臭い消しの効果も一時的になってしまいます。

水を沢山飲むと、代謝が上がってにんにくの臭いの元の排出を促進してくれるそうです。

シャワーやお風呂に入る

体内に溜まっているにんにくの臭いの元を排出するには、汗をかくことも効果的です。
お風呂やシャワーを利用して、沢山汗をかきましょう。

また翌日以降のにんにくの臭いは、毛穴から出る体臭がキツイことが多いです。
シャワーやお風呂で身体を洗い流すことで、毛穴から出る体臭を軽減することが出来ます。

運動をする

運動をして汗をかくことも、にんにくの臭いの元の排出に効果的です。
てっとり早く臭いを消したいときには、お風呂やシャワーの前に運動するといいでしょう。



【スポンサードリンク】


以上、翌日のにんにくの臭いの消し方でした。
なるべく大事な用事のある前日はにんにくを食べないように心がけたいですが、どうしても付き合いでにんにく料理を食べてしまうこともあります。

翌日まで臭いが残ってしまった場合も慌てずに、臭いの元を排出するようにしたいですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事