御中と様の使い方 採用担当者宛てのメールでも使い分けに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メール

手紙やメールの宛名で「御中」と書くことがありますが、「御中」とはどういうときに使うのでしょうか?
年賀状の時には「様」をよく使いますが、「御中」との違いはなんなのでしょうか?

企業宛てに手紙やメールを送らなければいけない時に恥をかかずに済むように、改めて「御中」と「様」の使い方について調べました。



【スポンサードリンク】


御中の使い方

御中は、手紙やメールの宛先が個人ではなく、会社の部署等の団体である時に使います。
主に団体の中で誰宛てに送ればいいか分からない場合に、その団体の中で誰が開封しても構わないという意味で使用されています。

御中と様の使い分けは?

御中は手紙やメールの宛先が団体の場合、様は宛先が個人の場合というように使い分けます。

返信用はがきの「行」や「宛」を「御中」に書き換えることから、「御中」=丁寧な言葉だと思ってしまっている方もいますが、御中は「宛先の団体への敬称」です。

宛先が個人となる「様」とは異なります。

丁寧な言葉に直したいがために「○○様御中」と書く人がいますが、個人宛てに御中を使うのは間違いです。



【スポンサードリンク】


御中のメールでの使い方

会社宛てに送りたい場合は宛名を「○○株式会社 御中」とします。

会社の部署宛てに送りたい場合は「○○株式会社 ○○部 御中」とします。
部署の中の誰でもという訳でなく担当者宛てに送りたい場合は、「○○株式会社 ○○部 ご担当者様」としても問題ありません。

では、会社の部署の個人宛てに送りたい場合はどうすればいいのでしょうか?

会社の部署、個人、両方敬いたいがために「○○株式会社 ○○部 御中 ○○様」とやってしまいがちですが、これは間違いです。

様と御中が同時に使われることはありません!

正しくは「○○株式会社 ○○部 ○○様」です。

御中を使うととても丁寧なイメージにはなりますが、宛先の個人名が明確に分かっている場合は「○○株式会社 ○○部 ○○様」と個人名で送るのが確実です。

以下、御中と様の使い方のまとめです。

間違った御中・様の使い方
・○○株式会社 様
・○○株式会社 ○○部様
・○○株式会社 ○○部 ご担当者様 御中
・○○株式会社 ○○部 御中 ご担当者様

正しい御中・様の使い方
・○○株式会社 御中
・○○株式会社 ○○部 御中
・○○株式会社 ○○部 ご担当者様

人事部・採用担当者宛ての御中や様の使い方

最近は就活時にメールで人事部の採用担当者と直接やり取りすることも多いので、宛名の使い分けに悩まされますね。

今一度、人事部の採用担当者宛てに送る場合の正しい御中の使い方をチェックしましょう。

人事担当者宛ての正しい御中・様の使い方
・○○株式会社 人事部 御中
・○○株式会社 人事部 ご担当者様
・○○株式会社 人事部 採用チーム 御中
・○○株式会社 人事部 採用課 ご担当者様

会社に勤めていない学生からしたら宛名の使い分けは難しいですが、御中や様の使い方は大事なビジネスマナーの一つです。

特に一次面接の場合には、人事担当者が採用権限を持っている場合もあるので、御中と様の使い方を間違えると命取りになります。

選考コストの軽減のために、募集人数の多い大手企業の中には書類に不備がある場合は一律不採用としているところもありますので更に注意が必要です。

信用できる大人の方に確認してもらってから送るというのも一つの手ですね。



【スポンサードリンク】


以上、御中と様の使い方についてでした。
「御中」というと小難しく聞こえますが、使い方を覚えてしまえばそれほど難しくないですね。
いざ使う場面になって慌てずに済むように、しっかりと覚えておきたいです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事