かぼちゃの切り方のコツ!固い時は電子レンジに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かぼちゃ

甘くてほくほくなカボチャ。この時期、なんとなしに食べたくなりますね。定番かぼちゃの煮物、かぼちゃの天婦羅から、かぼちゃスープやサラダまで。バラエティに富んだ栄養豊富なかぼちゃ料理を楽しみましょう。

種も調理法によれば食べられる栄養満点のカボチャ。南瓜。パンプキン♪しかし丸ごといただいたりすると、切り方に苦労することがあります。

何しろ皮が堅いから。どうやって切っていいかわからずそのまま放置・・・なんてことにもなりかねません。

今回はそんなあなたに朗報です!かぼちゃの切り方のコツ、電子レンジの活用法をお教えいたします。



【スポンサードリンク】


かぼちゃの切り方・丸ごと編

①丸ごと一個をど〜んとまな板の上におく。

②ぐらぐらしないように下のへたをきりとって平にする。

②てっぺんのおへそになる部分、つまりはへたをくりぬく。あるいは包丁や菜箸でくぼみをつくる。

③ゆっくりたて筋にそって包丁を入れる。反対側にも切れ込みを。力任せに全て切ろうとしない。

④ひっくり返して平の部分からも切れ込みを入れる。

⑤かぼちゃをまっぷたつにできる切れ込みに沿ってさらに切れ込みを入れるとぱかっと割れます。

カボチャの真ん中は隙間があるので、そんなに力を込めなくても自然と割れるのです。



【スポンサードリンク】


皮が固いよ・・・怖いよ剥くの・・・そんな時は電子レンジへ

スーパーで半分のかぼちゃを買ったとしましょう。さあそこからどうするか。いきなり皮に挑むんだらとっても固くて手を痛めたなんてことも
あるかもしれません。

そんな時に大活躍するのが電子レンジです。うまく活用して「時間短縮」は主婦の鉄則ですね♪それでは手順です。

①まず、かぼちゃのワタや種がついていたらこそげ落とす。スプーンで掻くと簡単です。

②かぼちゃを洗う。素手で丁寧にくるくる皮を洗いましょう。

③ラップでくるみます。もし大きいようなら4分の1にカットしてから包んでもよいですね。

④いよいよ電子レンジに投入です。600Wで3〜4分。小さければ2〜3分。

まだまだ固ければ調節してください。フォークでさしてたしかめることもできます。
ラップでつつんだかぼちゃを電子から出すときはやけどに注意しましょう。隙間からとんでもなく熱い蒸気がたちのぼることもありますので。

取り出したらそのまま少しさめるまで待ち、素手でさわれるようになったらお好きなサイズにに切りましょう。
こうすれば皮の固いかぼちゃも、あっという間に下準備完了です。
これはじゃがいもやさつまいもにも応用できます。それらは皮が薄い分、もっと短い時間で大丈夫ですね!



【スポンサードリンク】


さあ、かぼちゃを使ってどんな料理を作りましょう?

ポタージュ?コロッケ?サラダ?はたまたプリンやタルト?
あま〜いかぼちゃ。今が旬です!いろんなレシピをお楽しみくださいね☆

関連記事