トマトジュースの効果は朝が一番!髪の毛や肝臓にもいい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トマトジュース

暑〜い夏が過ぎ、ようやく体の疲れが取れてきた…と思ったけれど、ガッカリさせてくれるのが夏の紫外線で傷んだ髪の毛。
シミがうっすら見えている肌に、楽しい夏のガーデンパーティで酷使した肝臓。
なんだかやっぱり、疲れが取れない?!
現代社会で体をじっくり労わるのって難しい…?

いえいえ、そんなことはありません!可愛くもなりたいし体にも気をつけたい!そんなワガママなあなたにもってこいの「とある食品」があること、ご存知ですか?
それはなんと、真っ赤な野菜でおなじみの「トマト」!しかも「トマトジュースを朝に飲むだけ」というお手軽さ!

美しい髪の毛、疲れた肝臓を癒して冬のロマンティックなデートに備えよう!
今日はそんな魔法のドリンク、トマトジュースをご紹介したいと思います。



【スポンサードリンク】


美肌だけじゃない!髪の毛にも効果のある「リコピン」!

お肌に良いのは有名だけど、どうしてトマトが髪にもいいの?
実は、その理由はお肌と同じ「リコピン」。
リコピンで有名な作用に「強い抗酸化作用」がありますが、他にも「皮膚のコラーゲンを生成する作用」もあります。
髪の毛の土台の頭皮はもちろん皮膚の一部ですから、コラーゲンが必要です。

コラーゲンで潤った頭皮は余分な皮脂の分泌を防ぎ、豊富に含まれるビタミンEや亜鉛が、美しい髪の毛を保ちます。
美しい頭皮から生まれるふんわりとした髪の毛は、男女ともに嬉しいですよね。

でもなんでトマトジュースなの?そのままじゃダメ?

野菜なんだから、加工したものよりも生のトマトをそのままガブリ!な方が、栄養もたくさん摂れそうだけど…と思われるかもしれませんが、美しい髪に必要なリコピンを生のトマトから摂取しようとすると、大きなトマトを2つほど、食べなくてはいけませんが、リコピンは加熱したり粉砕すること(=加工)で吸収率が2から3倍も上がります。

トマトジュースであれば、だいたいコップ1杯程度で済みます。
忙しい毎日でも、これなら続けられそうですね。



【スポンサードリンク】


お酒大好きな方にもぜひ!トマトの秘められたパワーとは?

美髪だけでなく、トマトには肝臓にもすばらしい効果があります。
リコピンには二日酔いの原因物質である「アセトアルデヒド」を抑制する作用を持ち、解毒作用を持つ「グルタチオン」など、飲みすぎた自分の味方がトマトにはたくさん含まれています。

ただし、肝臓が弱っている方はトマトジュースに含まれる「塩分」に気をつけなければいけません。
この際ですから「ミキサーで手作り」して楽しみましょう。
お塩の代わりにレモンで味付けなどしてみてはいかがでしょうか。

トマトジュースは朝に飲め?!

ではそんなトマトジュース、どのタイミングで飲むのがベストなのでしょうか?
最も効率が良いと言われているのは、朝と言われています。
人間の体には1日のリズムがあり、トマトの栄養を効率良く吸収できるのが朝なのです。
ちょっと酸味のあるトマトジュース。
目覚めに飲めばスッキリできそうですね!



【スポンサードリンク】


いかがでしたでしょうか?ここまで来るとまさに無敵の野菜です!コンビニなどでよく売られている200mlのものも手軽でいいですが、毎日飲むなら断然1000ml入りのものをオススメしますよ!お得です!

忙しい毎日のなか、ジュースなら出勤しながらでも飲むことができますし、加熱に強い特性を生かして、トマトジュースを使った手作りスープなど、楽しまれるといいかもしれませんね。
以上、詫磨一紫がお送りしました!

関連記事