風邪薬 市販で眠くならないのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫

秋が深まりだんだん寒くなってくるこの季節。日中は晴れていても早朝や夕方の寒さはもう冬を思わせます。
仕事や家事の頑張り過ぎで寝不足が重なった。

またストレスがたまったりと何かと身体に無理を強いてしまいついには風邪をひいてしまったなんて方もきっと多いですよね。
せっかく仕事や家事を頑張ってこなしていても風邪をひいたら台無しです。

仕事や家事は毎日のことなのでなかなか休めないのが現実。風邪薬を飲んでがんばろう!と思ってみても
飲んだら飲んだでどうにもこうにも日中ぼーっと眠気がでて・・・という経験のある方も多いはず。

そこで今日は眠くならない市販の風邪薬の情報をまとめてみました。



【スポンサードリンク】


そもそも風邪薬はなぜ眠たくなるのか

市販薬は手ごろに薬局などで誰でも手に入るもの。忙しくて病院に行く暇のない人におすすめですが、
眠たくなるなんとなく買ってしまったら眠たくなってしまうケースは多いもの。

抗ヒスタミン作用って聞いたことがありますか?実はこの抗ヒスタミン作用が眠気の原因です。
でも、なぜ眠たくなるのでしょうか・・。実はそれはくしゃみや鼻水を発生させる「ヒスタミン」とう物質を抑える「抗ヒスタミン」が組成配合されているからなのです。

しかし同時にヒスタミンは体内で脳内に移動して働くことにより眠気を抑えて身体の活動を活発にするとても重要な働きをも担っているのです。

この「抗ヒスタミン」の作用が脳内で働くと大切な「ヒスタミン」物質の活動を抑制させる方向に働くのです。

このことにより「風邪薬や鼻炎用薬を服用すると眠い」「頭がぼーっとする」といった症状が生じるのです。
現在、市販されている風邪薬の多くはこの「抗ヒスタミン」が配合されています。

抗ヒスタミンによる眠気を防ぎたいとの要望は以前より強く、近年は「抗ヒスタミン」が脳内へ移行しにくい第2世代抗ヒスタミンが開発されてはいますが、まだまだ市販レベルではなく病院で医師の処方は必要な医薬品ばかりです。

そこで、私たちが市販薬で「絶対に眠気の副作用を防ぎたい!」と考えるのなら「抗ヒスタミン」が配合されてない薬を選ぶ必要があります。



【スポンサードリンク】


眠たくならない市販風邪薬とは

近年ではいくつかの眠たくなりにくい市販風邪薬が発売されています。
一般的医薬品は病院で処方されるものが80%以上の種類を占めますが、この処方医薬品を一般用に発売し直したものをOTC医薬品と呼びます。

一般的は風邪薬としては総合感冒薬として売られているものが多いですが、これらの中には抗ヒスタミン、またはブロムワレリル尿素などの催眠や鎮静効果のある成分を通常通りに配合されてはいるものの、抗ヒスタミンの引き起こす眠気などを緩和させるためにカフェインなどが配合されているものがあります。

しかし、完全なそれでもはやり抗ヒスタミンによる眠気はまだまだあるようです。

最近では抗ヒスタミンや上記したブロムワレリル尿素の催眠鎮静成分配合されていない風邪薬が発売されています。

最も有名なものが「パブロン50(大正製薬)」などでしょうが、まだまだ圧倒的な少数派といえます。

眠気を避けたいときの市販薬代表例

「パブロン50(大正製薬)」 
市販風邪薬で抗ヒスタミンを配合しないなかなか貴重な存在です。
解熱鎮痛作用のあるアセトアミノフェンも配合しており形としては総合感冒薬ですが、
咳に効果のあるテーキスト口ファン臭化水酸塩水和物や鼻つまりに効果のあるフェニレフリンなどに効果があるとのことですが、
抗ヒスタミン無配合のため鼻水が主な症状である場合などにはお勧めはできません。

「改源かぜカプセル(カイゲンファーマ)」
抗ヒスタミン作用を緩和させるため無水カフェインを配合しているようです。
鼻水もつらいけれど眠くなりすぎるのも困る・・といった方にはやはりおすすめです。

市販漢方薬も選択肢として上手に活用

このようにまだまだ抗ヒスタミンが配合されていない市販風邪薬というのは多くはありません。

眠気を防ぐため抗ヒスタミン無配合にこだわるなら選択肢はぐっと狭くなってしまうと言えます。

しかしさらにどうしてもの場合は風邪の初めに服用する葛根湯や小青竜湯は新薬に比較して眠気が現れにくい薬と言えるでしょう。



【スポンサードリンク】


風邪で体調を崩しやすいこれからの季節。
眠気を気にして薬をいろいろと選ぶのも大切ですが、
本来風邪を「治せる」薬というものはありません。
薬の特性をよく理解してひき初めには栄養ドリンクで栄養補給をして漢方などで身体を温め、
ひどいときにはなるべく眠くなりにくいものを選ぶといった使いわけなども良いかもしれませんね。
しかしやはりひいてしまった場合は身体を温めて安静にするのが一番です。
なるべく薬にたより過ぎず健やかに過ごせるよう心がけてください。
今回の内容が少しでも参考となれば幸いです。

関連記事