すき焼きに卵をつける理由!卵の代わりは何がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すき焼き

すき焼きと言えば卵をつけて食べますよね。
でもすき焼きの卵が苦手な人は結構多いですねぇ。

やっぱりお肉はお肉で味わいたい!という気持ちもわかります。

そこで、すき焼きに卵をつける理由と、卵の代わりになる食材について調べました。



【スポンサードリンク】


すき焼きに卵をつける理由は?

もともと日本ですき焼きが誕生したのは江戸時代になります。
当時日本では仏教信仰が根強く、肉を食べることは禁止されていました。

特に農耕に役立つ牛の肉は食べてはいけなかったそうです。

そこで農民たちは肉を食べたい時には、外でこっそり食べていました。

鍋の代わりに鋤の上で肉を焼いて食べていたので、肉を食べる鍋のことを「すき焼き」というようになったそうです。

明治時代に入ると廃仏毀釈運動が進み、肉食が許可されるようになりました。

この時に文明開化の影響で日本でも牛肉が広まっていき、牛肉を用いたすき焼きが生まれました。

ところがすき焼きは、美味しいからといって焦って食べると肉の熱でやけどしてしまいます。

そこですき焼きの熱い具材を冷やすために選ばれたのが生卵。

当時卵は非常に貴重な食品で栄養価もとても高かったので、牛すき焼きの高級感を出すために卵を使用したそうです。

牛肉や卵や安くなった現在でも、すき焼きというとごちそうな気がしますね。
当時の卵の宣伝効果が高かったことがよく分かります。

すき焼きの卵は好き嫌いが分かれるとはいえ、猫舌の方はしっかり卵を通してからお肉を食べた方が良さそうですね。



【スポンサードリンク】


すき焼きの卵の代わりになる食品は?

卵あってこそすき焼きの高級感が出るのも事実ですが、やはり卵が苦手な方もいらっしゃいます。

コレステロール制限のために卵を制限する必要はないと言われて久しいですが、糖質制限で卵が食べられない方もいらっしゃいます。

そこですき焼きの卵の代わりになるヘルシーな食材を紹介します!

卵の代わりは大根おろしであっさり大人の味!

卵が苦手な猫舌の方には大根おろしがおすすめです。

こってりと脂っこいすき焼きですが、大根おろしをつけて食べるとあっさり食べることが出来ます。

また大根おろしの辛さが肉の本来の旨みを引き立てます。

一味唐辛子を合わせると更に味が引き締まり、大人向けのすき焼きに仕上がります。

すき焼きのこってり感が苦手な人は是非、大根おろしを試してみて下さい!

卵の代わりと言えばトロロ!

卵を食べることができないけれども、やっぱり生卵につけて食べるすき焼きが大好き!

そんな場合にはトロロを卵の代わりにしましょう。

すき焼きに限らず、トロロは卵の代わりとして色んな料理につかえます。

トロロのねばねば感が、卵の濃厚な味をしっかりと再現しています。

トロロは美肌効果や疲労回復効果も高く、低カロリーで健康的な食品です。

ダイエット中でちょっと卵は控えたいという方にもおすすめです。

お酢をちょっとかけて食べると、また一味違ったすき焼きを楽しむことができますよ!

梅ソースでさっぱりと!

すき焼きの卵の代わりに梅ソースを使う食べ方は、漫画『美味しんぼ倶楽部』でも「魯山人風すきやき」紹介されています。

梅ソースは梅干し、みりん、酒、しょうゆがあれば簡単に作れます。
元が梅干しなので腐りにくく、冷蔵庫で2週間程度保存することができます。

サラダに豆腐、揚げ物にお肉と何に合わせても美味しく食べることができます。

砂糖に牛脂、生卵でこってり味付けするすき焼きは、肉本来の旨みを感じにくいです。

ちょっと気分を変えて、美味しいお肉本来の味を味わいたい方は梅ソースを試してみて下さい!



【スポンサードリンク】


以上、すき焼きに卵をつける理由と卵のかわりになる食品についてでした。

これで卵が苦手な方でも、すき焼きをやけどせずに味わうことができそうですね!

すき焼きと言えばごちそうです。
卵をつけるかどうかでもめたり、思い悩んだりしては、折角の美味しいすき焼きの味も台無しになってしまいます。

個々の好みを押し付けずに、自分のスタイルで美味しいすき焼きを食べるようにしたいですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事