忘年会の余興ネタ!簡単に出来て盛り上がるネタを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲み会

毎年やってくる忘年会。

上司や部下への気遣いもさることながら、余興ネタの準備にも苦労しますよね。

サラリーマンの辛いところです…。

残業の嵐なのに、誰が忘年会の余興ネタの準備なんて出来るんだろうか。

今回はそんなお悩みを持つ社会人のために、簡単に出来て盛り上がる忘年会の余興ネタを紹介します!



【スポンサードリンク】


余興ネタの定番のダンスも意外と簡単!

アイドルグループのダンスといえば、ハードでとても素人には真似できそうにないですよね。

バク転なんて、相当練習しないと出来ません。

それでもダンスをしてみたい!という方は、初心者向けのボカロダンスに挑戦してみてはいかがですか?

AKB48だったら男性、ジャニーズだったら女性にしか受けませんが、ボカロは男性にも女性にも人気です。

オタクな上司の多い会社であれば、大ウケ間違いなしです!

忘年会の余興だからこそのものまね!

有名人のモノマネなんて、難しくて到底できそうにありません。

似てなくて失笑を買ってしまうのも怖いですよねぇ。

そこで、あえて有名人の真似はせずに、同じ会社の上司や部下のものまねをしてみてはいかがですか?

給湯室でよく見られるアレですね。

仮に似ていなかったとしても、真似をすることで相手との距離がぐっと縮まります。

ただし、相手を侮辱するようなネタは避けること!

「相手を思いやって皆で楽しめること」が余興ネタの一番のポイントです!



【スポンサードリンク】


忘年会のビンゴゲームの景品はなんだかんだ嬉しい♪

忘年会といえばビンゴゲーム。

正直大したことない景品だなぁなんて思いながらも、実際に当たると結構嬉しいですよね♪

景品とカードを用意すればいいだけなので、準備も簡単です!
皆で遊べるので、定番ネタの中でも一押しです。

スマホアプリを活用!

最近ではスマホアプリの個人開発者も増えてきています。

個人開発者だからこそできる、ニッチでシュールなアプリも沢山ありますね!

カメラ機能を利用した戦闘力スカウター、相性診断アプリ等、相手との距離感を縮められるようなアプリがおすすめです!

無料でダウンロードできるものも多いので、お金もかからず楽しく遊べます。



【スポンサードリンク】


余興ネタ用にオリジナルゲームを考えてみよう!

余興ネタに芸やパフォーマンスを選んでしまうと、どうしても練習に時間がかかってしまいますね。

残業だらけのサラリーマンにとっては、練習時間の捻出がネックになります。

会社にいる人が年の離れた人ばかりだと、ネタ選びにも苦労の一つです。

そんな場合には、ゲームを中心に余興ネタを検討しましょう!

確かに芸やパフォーマンスと比べて見劣りはしますが、参加者も一緒になって楽しめるのがゲームのいいところです!

■背中に文字を書いて何を書いたかあてる。

■体力測定
※握力などを測定してもらい、誰が一番強いかを当てる。

■心理テスト
 ネットで面白い心理テストを探して、皆でやってみれば、お互いのことがよくわかるかも?

■携帯の文字早押し系

■伝言ゲーム

■からし入りの餃子やシュウマイをたべて誰が食べたか当てるゲーム
辛いものが苦手な方がいる場合は、一つだけ「甘い」ゲームもおすすめです!

いかがでしたか?

忘年会の余興ネタに時間がかけられない場合も、ひと工夫すれば簡単に楽しく遊べる企画を実行することができます。

年一回しか顔を合わせない方もいるのが忘年会の場です。

たとえ時間が無くても、楽しめる企画を持って行って良い思い出となる場にしたいですね♪

少しでもお役に立てれば幸いです。

新人さんはこちらの記事も参考にして下さい。

新人会社員のための忘年会の余興ネタ

関連記事