洗濯機の掃除には重曹とクエン酸!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯

晴れた日に、たくさんの洗濯物を干す。
気持ちいいですね!

くるくる回る洗濯機も毎日毎日おつかれさまです。
そう、この洗濯機、掃除が必要っだったことご存知ですか?
重曹とクエン酸さえあれば簡単に掃除できるみたいです。

今回は洗濯機の掃除方法をご紹介します!

<毎日一生懸命がんばる洗濯機だからこそ、汚れはつきます!>

洗濯槽の裏側には、実は見えない雑菌やカビがびっしりついていたり、
衣類のカスがたまっていたりするのです。

主婦の相棒だからこそ、いつまでもきれいに元気にいてほしいですね♪
洗濯槽の裏側は湿気が一杯。
やはりつくのはカビですね。洗剤と汚れがこびりつき
見るものおそろしい状態になっています。

これはまたお洋服の臭いの原因にもなり
あれ?洗剤入れてるのに?とおもったら要注意です☆



【スポンサードリンク】


洗濯機掃除のための最強アイテムは重曹とクエン酸!

洗濯機を掃除するマストアイテムは重曹とクエン酸です。

重曹とは?

重曹は炭酸水素ナトリウムの粉でふくらし粉と呼ばれます。
ではどのような特製があるのでしょうか。

①弱アルカリ性

酸性を中和します。
これにより掃除や脱臭に利用されるのですね。

②油を分解する。

親水性と親油性を併せもつためです。
頑固な油汚れもよ〜く落ちます。

③粒子の大きさ・固さ

粒子が細かく研磨作用があります。
茶渋や水垢などを落とす役割があります。

クエン酸とは?

クエン酸は酸味の成分です。
お酢の仲間ですが、つ〜んとした臭いはありません。
酸性なのでアルカリを中和します。
カルシウムを溶かす働きがあるので水回りのお掃除には最適なのです。

まとめると・・・
①水垢をとる。
②洗濯槽についた炭酸カルシウムを取り除く。
③アルカリ性の臭を消す。

こんな効果があります。

この重曹とクエン酸を駆使すれば、
洗濯槽の汚れを一掃できる!!というわけです。
では実際どのように掃除をすればよいのでしょうか。



【スポンサードリンク】


重曹とクエン酸を使った洗濯槽のお掃除方法♪

まずは重曹とクエン酸を用意しましょう。
だいたい重曹300グラム、クエン酸100グラムです。
どちらも袋に入ってホームセンターなどでお手軽に購入できます。

それでは手順です。
①洗濯機に水・ぬるま湯を満水状態までいれます。
お風呂の残り湯でもよいでしょう。

②重曹とクエン酸を入れる。

③洗濯機を5分〜7分回します。

③そのまま一晩放置しましょう。

④もう一度5分ほど洗って水を捨てます。

⑤再び満水にし、水が汚れないかを確認します。



【スポンサードリンク】


いかがでしょうか。
案外簡単ではありませんか?

この掃除は月に1度ほどおこなうとよいでしょう。
毎日確実にゴミや雑菌はたまっていきます。
せっかくの洗濯物を清潔に気持ちよく着られるように
定期的なケアが必要なのですね。

まだ購入してから洗ったことがない、
しばらく洗濯槽を掃除していないと思ったら、
重曹とクエン酸で今晩お掃除してみましょう。

関連記事