喪中にお年玉はあげない?ポチ袋や表書きの注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お年玉

お正月といえばお年玉。
子供にとっては誕生日やクリスマスに匹敵する位、お正月は楽しみなイベントではないでしょうか。

ところが喪中の場合は、お正月のような祝い事は避けるべきとされています。

とはいえ、喪中だからといって子供にお年玉をあげないのは子供が可哀想ですね。

そこで喪中にお年玉をあげてはいけないのか、
喪中にお年玉をあげる際にポチ袋や表書きで注意すべき点について調べました。



【スポンサードリンク】


喪中にしてはいけないことは?

日本では親族の方が無くなった場合に、喪に服することになっています。

喪中の期間は親族との間柄によって変わり、明治7年の太政官布告で以下のように定められています。
この法令自体は撤廃されていますが、現在も目安とされることがあります。

ただし実際の喪中の期間は地域の習わしによって変わってくるので、きちんと確認するのが無難です。

続柄 忌日数 服(喪)日数
父母 50日 13カ月
養父母 30日 150日
夫 50日 13カ月
妻 20日 90日
嫡子(息子) 20日 90日
その他の子(娘) 10日 90日
養子 10日 30日
兄弟姉妹 20日 90日
祖父母(父方) 30日 150日
祖父母(母方) 30日 90日
おじ・おば 20日 90日
夫の父母 30日 150日
妻の父母 なし なし
曾祖父母 20日 90日

参考:http://www.ohnoya.co.jp/faq/dictionary/nenmatsunenshi/

喪中は「穢れの身」となり、以下の二つが禁止となっているようです。

1.神社にお参りすること

2.祝い事に参加すること

お正月を例にとってみると、年賀状や新年のご挨拶、初詣に行くことが禁じられています。

それではお年玉は喪中の禁止事項に当たるのかどうか見ていきましょう。



【スポンサードリンク】


喪中にお年玉をあげないべき?

喪中にお年玉をあげないべきかどうか、お年玉のルーツから見てきましょう。

神道には、無病息災の祈りとして歳神様に奉納した鏡餅を分け与える風習があります。

神道では鏡は魂を映すもので、とても重要だとされています。

「歳神様の魂を分け与えること」という意味で、「お年玉(おとしだま)」と呼ばれたそうです。

現在ではお年玉の中身がお餅からお金に変化したので、お祝い事の贈り物のように感じてしまいますが、もともとは無病息災の祈りの行事です。

つまりお年玉をあげることは「祝い事」ではないので、喪中にお年玉をあげることには問題ありません。

子供を悲しませなくてもよさそうです。

ただし、お年玉をあげる際のポチ袋や表書きには注意しましょう。

喪中にお年玉をあげる時のポチ袋や表書きの注意点は?

お年玉を入れるポチ袋。
喪中の場合はポチ袋のデザインに注意して下さい。

よく紅白の水引の付いたポチ袋があります。

紅白の水引は慶事に用いるものなので、このデザインのポチ袋を使ってしまうと「お祝い事」になってしまいます。

他にも赤金、金銀の水引も慶事を意味します。

最近では人気キャラクターが印刷された可愛いポチ袋が沢山ありますので、喪中の場合には古き良きデザインを選ばずに、「祝い事」に当たらない最近のポチ袋を選ぶとよいでしょう。

もうひとつ注意したいのがポチ袋の表書きです。

ついつい「あけましておめでとう」なんて書いてしまいがちですが、これも喪中はNGです!

喪中は新年の挨拶が禁じられていて、当然年賀状のやりとりも出来ません。

お年玉自体は祝い事にあたりませんが、新年を祝う言葉を添えてしまうと祝い事の一部になってしまいます。

「またゲームして遊ぼうね」
「サッカーの試合、楽しみにしてるよ」
等、子供のライフスタイルに合わせた言葉に変えてあげることで「特別感」が
でるのでおすすめです。



【スポンサードリンク】


以上、喪中にお年玉をあげる際にポチ袋や表書きで注意すべき点についてでした。

喪中にお年玉をあげること自体には問題ありませんが、ついついテンプレート対応をしてしまうと、禁止事項に触れてしまいそうです。

一人一人の子供に思いやりを持ってお年玉をあげることで禁止事項を避けることができますので、出費の増える嫌な行事ではありますが、金額よりも心を大切にしてお年玉をあげたいですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事