ステンレス水筒の洗い方 重曹でパッキンや茶渋も綺麗に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水筒

ステンレス水筒は、保温も出来て便利です。
象印の魔法瓶を初めて使った時には、感動しました。

特に寒い季節には有難いですね。

寒くなるたびに温かいお茶を毎回コンビニで買っていたら、お茶代が大変なことになりますが、ステンレス水筒さえあればいつでも暖かいお茶が飲めます。

冷え症グッズとしてだけでなく、家計の味方としても心強いです。

ただ、このステンレス水筒。
洗い方にコツがいります。
水筒用スポンジを使っても、隙間やパッキンに茶渋や汚れが溜まってしまい、上手く取れません。

臭いが取れないばかりか、最終的にはカビてしまうことも。

そこで今回はステンレス水筒の洗い方について調べました。



【スポンサードリンク】


ステンレス水筒の洗い方!重曹を使って綺麗に!

美味しいお茶を飲むのには便利だけど汚れが気になってしまうステンレス水筒。

重曹を使えば簡単に洗うことが出来ます。

重曹をつかったステンレス水筒の洗い方

1.水筒にお湯を入れます。
 水温が低いと重曹が溶けにくいので、熱めのお湯に溶かすようにして下さい。
2.重曹を小さじ1杯分入れます。
 頑固な汚れを落としたい時には、3杯~6杯分入れるとよく落ちますよ!
3.水筒に蓋をして振ります。
4.汚れが落ちない場合は1時間程度漬け置き洗いします。

スポンジで隅々までこすらなくても簡単に掃除できますね!

汚れが酷い時には、重曹と同量のクエン酸を使うと綺麗になります。

重曹もクエン酸もドラッグストアやホームセンターで簡単に手に入ります。

ステンレス水筒の洗い方の注意点は?

ステンレス水筒は長く水につけておくと錆びる可能性があります。

水筒の漬け置き洗いは1日程度をおすすめされることが多いですが、ステンレス水筒の場合は1時間を目途にして下さい。

頑固な汚れには、メラミンスポンジも効果的です。

使い方は簡単。

メラミンスポンジに水をつけて軽くこするだけです。

ただしメラミンスポンジを多用すると、内部に傷がついて余計に汚れやすくなり、カビの原因になってしまいます。

汚れが酷いからといって強くこすりすぎると、あっという間に傷だらけに。
これは重曹をつけたスポンジや、たわしで強くこすった場合も同じです。

あくまでも緊急時のみ、軽くこすって使うだけにしましょう。



【スポンサードリンク】


茶渋が気になるパッキンの洗い方は?

普段のお手入れはステンレス水筒を重曹に漬けるだけで大丈夫ですが、長く使っているとパッキンや中蓋の汚れも気になってきます。

そんなときは、タッパーに水と重曹を入れて、分解した中蓋やパッキンを入れて洗ってください。

タッパーに蓋をして、15秒位振り洗いをすると綺麗になります。

カビてしまった場合は、酵素系の漂白剤に漬けるとカビが落ちます。
除菌にもあるので、衛生面にも効果的です!

塩素系漂白剤は使用不可ですので、使用の際には必ず表示を確認して下さい。

酵素系の漂白剤の洗浄力は強力ですが、パッキンを劣化させます。

使用時間は長くても30分までとして下さい。

何よりもまず、カビないように心がけるのが大事です。
毎日パッキンまで掃除するのは大変ですが、週一回程度は分解して洗うようにしましょう。



【スポンサードリンク】


以上、ステンレス水筒の洗い方でした。

ステンレス水筒は便利ではありますが、汚れたまま使っていると飲み物の味にまで影響が出てしまいます。

折角重いステンレス水筒を持ち歩いているのですから、少しでも美味しく飲み物を味わいたいです。

そのためにも、毎日綺麗に洗うようにしましょう。

少しでもお役にたてたら幸いです。

関連記事