息が白い理由 温度と湿度の関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬

冬になると白くなるのは、景色だけではありません。
それは息!
呼吸のたびにでる白い息は、冬の到来を感じさせます。
しかし、どうして冬になると息が白くなるのでしょうか?
これには温度と湿度がなにやら関係しているようなのです。
今回は、「息が白いその理由について」、調べてみました!



【スポンサードリンク】


息の温度と湿度が関係している?

白い息は、英語で「cold breath」と言うように、冬ならではのものです。
冬になるとなぜ息が白くなるのか。
それは冬の気温と、私たちの体温に関係があります。
みなさんは、息を吐く時に
「あ、今日の息は冷たい!」
とか、
「あ、今日の息は熱い!」
という印象は抱かないと思います。
なぜなら、私たちが吐く息というものは、体温とほぼ変わらないからです。
つまり、息は体温とほぼ同じく37度!
ここでいきなり結論になってしまうのですが、人間の体温で温められた「息」が冬の冷たい外気に触れ、急速に冷やされる事で細かい水の粒となります。
息は水蒸気ではなく、湯気なのです。
温かいお茶からたつあの白い湯気と原理は同じです。
そしてこの時、大気中に漂う目には見えない微粒子、チリやホコリなどを核として取り込み、寄り集まって漂います。
これが白い息の正体です。
冬の雨の日などは特に息が白くなっていた記憶はありませんか?
これは湿度が高いため、温かい息に触れる水蒸気が大気中に多いためと言えます。
湿度が高いと息も白くなるのです。



【スポンサードリンク】


いやいや、そもそも水蒸気ってなんだ。湯気との違いは?

水蒸気は無色の気体(気体=物質の集合体、つまりここでは細かい水滴の集合体)であり、目には見えません。
湯気は水蒸気が低い温度で冷えて凝結し、水滴となったために白く見えるもの。
似ているようで、実は全くの別物なのです。

では、どれくらいの温度で白い息になるのか?

その日の湿度によって白くなれる温度は変わりますが、湿度100%であれば17度ほどで。
湿度70%であれば13度辺り。
雪の日などに特に息が白い理由はここからということが分かります。

調べていくうちにわかったのですが、南極では息が白くならないそうです!南極とか極寒だろうになぜ!?と思いましたが、私たちが住んでいる場所には、目には見えなくとも空気中にチリやホコリが舞っています。
白い息は水蒸気が水滴となったために白く見えるもので、その際、空気中のチリやホコリなど、微粒子を核とし取り込んで、それが集まっていることで白く見えると説明しましたね。
しかし南極では大気中に「核」となり得るチリやホコリがありません。
そのため、水蒸気が集まることができず、息は白くなれないのです。
しかもあまりにも寒すぎる(-50度以下)と息に含まれる水蒸気は口の周りで即座に固まり、空気中に漂う暇すらありません。
極寒地でのドキュメンタリー番組などで、確かに一度息が白くない映像を見たことがあります。
なんで白くないのかと違和感を感じていましたが、そういう理由だったのか!と一人納得する筆者です。
すごい撮影だったんだなぁ・・・。



【スポンサードリンク】


いかがでしたでしょうか?ちょっとした疑問でしたが、調べてみるとなかなか興味深いものでしたね。

以上、詫磨一紫がお送りしました!

関連記事