クリスマスオーナメントの作り方 フェルトで可愛く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマスオーナメント

クリスマスシーズンには、いろいろな飾り付けをすると盛り上がりますよね。

特にツリーなどのオーナメントには凝りたいもの。

とはいえ、雑貨屋さんなどで揃えようと思うと、意外とお金がかかってしまいそうなのが難点です。

そんな悩みを持つ人は、クリスマスのオーナメントを手作りしてみてはいかがでしょうか。

あんまり手先が器用じゃないという人でも、フェルトを使えば手軽に可愛いオーナメントを作ることができますよ。



【スポンサードリンク】


切って貼るだけ。簡単オーナメントの作り方。

お裁縫が苦手という人でも作れるのが、切って貼るだけでできるオーナメント。

この作り方で作る場合には、何枚か重ねて作るのがコツ。

フェルトというのはあまり厚さがなくペラペラなので、1枚だけではオーナメントにした時に重さがなく安定しません。

そのため、基本は3~5枚程度を貼り付けて作るのがおすすめです。

まず、クリスマスツリーやサンタブーツ、星などの形にフェルトを切り抜きます。

切り抜く時には、必ずどんな紙でもいいので型紙を作ってから切り抜くと、失敗せず上手く切ることができます。

この時、3枚を同じ形に切り抜くのですが、フェルトの色を変えるのがポイント。

2枚のうち1枚だけ違う色にしたり、3枚全てを違う色にしたりすると、見る方向によって違った印象になったりするのでとても可愛らしくなります。

この3枚を手芸用ボンドで貼り付ければ完成。

更にビーズやスパンコールなどで飾りをつけても素敵です。



【スポンサードリンク】


ちくちく縫って可愛いフェルトのオーナメントの作り方

少しくらいなら縫い物もOKという人は、フェルトを縫い合わせてオーナメントを作ると、立体感が出るので更に可愛いオーナメントが作れます。

縫って作る場合には、型紙を使って同じ形のフェルトを2枚作ります。

2枚の周囲を縫い合わせる時の縫い方はブランケットステッチがおすすめですが、できなければなみ縫いでももちろんOKです。

最後に綴じる前に中に綿を入れると立体感が出て、ふわふわした可愛らしいオーナメントが完成します。

フェルトを縫う場合、フェルトと同じ色の糸を使ってもよいのですが、あえて別の色を使うとアクセントになって素敵です。

縫い合わせて作る場合の注意点は、ビーズなどの飾り付けは縫い合わせる前の状態で付けておくこと。

縫い合わせてしまってから付けようとすると、かなりやりづらいので注意しましょう。



【スポンサードリンク】


フェルトのオーナメントの良いところは、他の素材と違い温かみがあるところ。

寒い冬のイベントであるクリスマスにはぴったりの素材と言っても良いでしょう。

手作りは苦手、という人でもはさみさえ使えれば可愛いオーナメントが作れるというのも、フェルトの利点。

一度、フェルトで手作りのオーナメントを作ってみてはいかがでしょうか。

紙コップでも簡単にクリスマスブーツやツリーを作ることが出来ます。
是非こちらの記事を参考にしてみて下さい!

紙コップでクリスマス工作

関連記事