お年玉の相場。親戚やいとこの子はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お年玉

もーいーくつねーるとー♪
子供の頃はお正月が来るのが楽しみでした。
なぜって?
もちろん、お・と・し・だ・ま♡をいただけるからです。

捕らぬ狸の皮算用とはよくいったもので
もらえることを想定して、おもちゃ屋さんの広告をみては
にやにやしていたものです。

大人になった今、今度は「お年玉」という言葉に多少なりとも気が重くなってはいませんか。
親戚の子は何人だっけ?
姪っ子に、甥っ子に、近所の子供に。。。
ポチ袋はいったい何枚用意しましょ?とね。

実際、現代の子供達はお年玉をいくらもらっているのでしょうか。
今回は、気になる「お年玉の相場」について考えてみましょう♪



【スポンサードリンク】


年齢別にみるお年玉一人あたりの値段

小学生の頃、元旦の朝新年のごあいさつをした後
祖父母の前に孫が正座して並び、
順番にお年玉をもらいました。お兄ちゃんから、お姉ちゃんから
兄弟姉妹順番に。

いつも少しだけ兄・弟の方が多いのに
不満をもらした人も多いのではないでしょうか。

現代の幼稚園から小学生低学年までのお年玉平均価格は
一人からもらえる額として1000円から2000円となっています。

高学年になると3000円から5000円のようです。
ですが、これもその子供が育った環境によりますね。
もしも裕福な家庭であればゼロがもっと多いなんてこともあるかもしれません。

ですが、一般家庭ではだいたいこのくらいが普通です。
実は親同士が根回しをしていて、単純にお金を交換しているにすぎない
なんてケースもあります。

「お母さんが預かっておくね〜」といわれたこともありますよね。



【スポンサードリンク】


高校生から二十歳まで?

高校生になると5000円、ときには一万円なんてこともあります。
いつまでもらえるか?というのも家庭によりけりですが、
社会人になってお給料をもらえるようになったら
親戚の子に1000円あげるくらいの大人の自覚があってもいいかもしれませんね。

実はお年玉を侮れないのは、幼稚園から通帳にコツコツためてもらっている
ということもあるからです。「お母さんが預かる」を繰り返した結果、
本当に貯金しておいてくれていざというときに渡してくれたなんて
エピソードもあります。

とくに何歳までしかもらえないなどという規制はないものの
やはり心のどこかで期待してしまうものですね。

40歳になってももらうお年玉!?

近年、ニュースを見て驚くのですが40歳くらいの立派な大人が
高齢になった両親から5万や10万といったお年玉をもらう傾向にあるといいます。
もちろんそれは子供の養育費、塾に行くお金、留学費用の足しになるわけですが
これも不思議な現象ですね。

逆に、息子娘から年金暮らしになった両親におとし玉をあげるという逆パターンもあるそうです。
色々なパターンができてきますね。もしかしたら、ポチ袋ではなくて、電子マネーでピッと
お年玉をもらう時代になったりしてしまうかもしれません。

親戚やいとこの子が多い場合、お年玉はどうしてるの?

お年玉の相場を見てきましたが、結構高額になりますね。
小学校高学年になると5000円にもなります。

親戚やいとこの子が多い場合、皆さん高額なお年玉を払っているのでしょうか?

子供からすると、血縁の近さで人を見ていません。

遠い親戚の子だからと金額を少なくすれば、

「あのおじさんケチだな」

「あのおばさんは僕のことを考えてくれてるわけじゃなくて、決まりだから仕方なくお年玉をくれたんだな」

と思われかねません。

どうしても金額を減らしたい時には、

・宝くじでお年玉をあげる

・くじ引きで金額を決める

といった工夫がおすすめです。

総額が少なくなった分、お楽み要素を加えることで、子供達も満足してくれます。

金券ショップで図書券やウェブマネーを購入してお年玉にすれば、子供にあげる総額を減らさずともお年玉の費用を減らすことが出来ます。



【スポンサードリンク】


さあいかがですか?お年玉の相場、傾向は世相を反映しているでしょうか。
お正月は子供でも「お金」を手にすることができる特別な日。
どきどきわくわくな日。そんな情緒は失いたくないものですね。

いくらもらうか、いくらあげるかにこだわるというよりは
親はあげるからには、子にそのありがたみや使い道、お金の価値を。
子はもらうからには、お金の意味、もらうことの意味を
考える方が大事なように思います。

来年のお正月はポチ袋は何枚用意しましょう?
あるいは
いくらもらえるか密かに期待しちゃいますか?

もーいーくつねーると〜♪
たまには、童心にかえる・・・というのもアリでしょうか?

関連記事