すき焼きの牛脂が無い時の代用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すき焼き

お肉を美味しく食べられるメニューの代表とも言えるのがすき焼き。

大人から子供まで大人気のすき焼きですが、美味しいお肉を買って、いざすき焼きを始めようと思ったら、牛脂がないことに気づいた!なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

すき焼きといえば牛脂でお肉を焼くのが通常のやり方で、牛脂はスーパーなどにも置かれています。

しかし、牛脂を用意できなかったり忘れてしまった場合には、家にあるもので代用することもできるのです。

そこで、牛脂が無い場合には一体何を使えばいいのか、その代用品を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


すき焼きに牛脂を使う理由とは?

そもそもすき焼きには、なぜ牛脂を使うのでしょうか。

牛脂というのは、牛の脂肪を精製したものです。

脂身を切ったそのものではなく融けやすいように加工されているため、料理にも使いやすくなっています。

牛脂は元々が牛の脂肪なので、特有の匂いがありますが、これがすき焼きにとっては重要。

牛脂を使ってお肉を焼くことで、牛肉の旨みが引き出され、独特の風味が生まれます。

このようにお肉をより美味しく食べるために、すき焼きには牛脂を使うことが一般的となっているのです。



【スポンサードリンク】


牛脂がない場合の代用はどうすればいい?

牛脂がない場合、まずは買ってきたお肉を確認してみましょう。

そのお肉の中に、比較的脂身の多い部分があれば、そのお肉を一番最初に焼くことで代用できます。

家にある他の安いお肉などで、脂身が多い部分があればそれを使ってもいいですね。

お肉に脂身があまりない場合に、家庭で見つかる代用として考えられるのはバターやマーガリン、サラダオイルなど。

これらの中で最もお勧めなのはサラダオイルです。

これは、バターやマーガリンなどは独特の風味があり、せっかくのお肉の味わいを壊してしまう可能性があるため。

サラダオイルはくせのない油なので、お肉の風味を邪魔することがありません。

牛脂のように旨みをアップさせることはありませんが、お肉本来の味は味わうことができます。

焼いているうちにお肉自体から旨みも出てくるので、どんどん美味しく食べられるようになりますよ。

また、置いている家は少ないかもしれませんが、豚の油であるラードがある場合には、ラードでもOK。

肉の種類は違いますが、ラードを使うと少し肉の旨みが出るので美味しく食べられます。

海外在住などで、牛脂が手に入りづらい環境の場合には、あらかじめ塊の肉を購入した際などに、脂身の部分を切り取って冷凍しておくのがお勧めです。

牛脂はスーパーやお肉屋さんなどで、無料でもらえることが多いので、なるべくなら忘れないようにしたいもの。

でも、もし忘れてしまった場合には、紹介したように家にあるもので代用することも可能なので、焦らずすき焼きを楽しみましょう。

すき焼きの卵の代用に関してはこちらの記事を参考にして下さい。
すきやきの卵の代用

関連記事