タオルの臭いの取り方 電子レンジや重曹で簡単に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タオル

長年使っていたり、部屋干しを重ねていると、なんだかタオルから臭いがしている気がする。

そんな風に感じたことはありませんか?

タオルは顔や体を拭くものですから、臭いがするというのは抵抗がありますよね。

そこで、電子レンジや重曹を使った簡単な臭いの取り方を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


タオルに臭いがついてしまうのはなぜ?

そもそもタオルに臭いがついてしまうのは、どういう理由なのでしょうか。

タオルに臭いがついてしまう主な理由は、雑菌が繁殖してしまうこと。

トイレや洗面所に手を拭くためにかけてあるタオルや、天気の悪い日や寒い日に干したタオルなどは、濡れたままの状態で放置されることが多くなります。

そういった湿気のある状態というのは、菌が繁殖しやすい環境のため、タオルには雑菌が繁殖しやすいのです。

では、洗濯してもこの雑菌は取れないのでしょうか。

一度タオルに繁殖してしまった雑菌は、なかなか普通の洗濯だけでは取れない場合も多いようです。

つまりこの雑菌を取り去らない限り、タオルの臭いは取れないと考えてください。

電子レンジや重曹を使ったタオルの臭いの取り方

では、洗濯でも取れない雑菌をどうやって取り除くのでしょうか。

自宅でも簡単にできる方法を紹介しましょう。

まず、一つは電子レンジを使う方法です。

タオルを水で濡らして軽く絞ったら、電子レンジに入れ、1~2分ほど加熱します。

これは熱によって殺菌するという方法ですね。

火事になってしまわないよう、必ず電子レンジのそばについている状態で加熱しましょう。

また、綿100%の素材のもののみにしておきましょう。

ただし、この方法は基本的に1枚ずつですし、バスタオルなどあまり大きなものは入れる事ができません。

一度に大量に処理をしたい場合は、重曹を使った方法を試してみてください。



【スポンサードリンク】


重曹を使う方法は2つあります。

まず一つは、重曹を洗濯洗剤と一緒に洗濯機に入れて、普通に洗濯をする方法。

この時、いつもよりもしっかり洗濯するモード(「念入り」モードなど)を選ぶようにしましょう。

洗濯が完了したら、天日干ししてしっかり乾燥させます。

もう一つは、重曹を入れた熱湯でタオルを煮沸する方法。

この方法には、大きな鍋などが必要になりますが、熱と重曹の両方で殺菌するため、かなり効果があります。

ついでに漂白剤も併用すると、染み付いた汚れなども取れるというオマケ付きです。

デリケートなものでなければ、衣類にも使えるので試してみる価値はあります。

タオルについてしまった臭いは、それなりの対策をしなければ取ることができません。



【スポンサードリンク】


今回、簡単にできる方法を紹介しましたので、ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、洗濯槽にカビが生えてしまっている場合などは、タオルだけを殺菌してもまたすぐに臭いがついてしまいます。

洗濯槽の掃除も忘れずに、定期的に行うようにしましょう。

関連記事