セーターの干し方 型崩れはハンガーが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯

寒くなってくると重宝するのがセーター。

でもセーターってしばらくたつと、なぜか型崩れしてしまうことが多いですよね?

大切に手洗いして干していても、最初のような形が維持できなくなってきてしまう。

実はその原因がハンガーにあるって、知っていましたか?



【スポンサードリンク】


セーターの型崩れの原因はハンガー?

そもそもセーターを他の衣類と同じようにハンガーに干すと、なぜ型崩れしてしまうのでしょうか。

セーターが型崩れしてしまう最大の原因は重み。

洗濯して水を含んだセーターはかなり重くなっています。

その重くなったセーターをハンガーにそのままかけて干してしまうと、袖や身ごろに含んだ水の重みによって、干している間中、生地が下へ下へと引っ張られてしまうことに。

その結果、肩の部分がずり下がるようになってしまったり、よれてしまうのです。

また、針金ハンガーなど細いハンガーに干すと、肩の部分にハンガーの跡がついてしまうなんていうことも。

そうなってしまっては、みっともなくて着ることができませんよね。

では、型崩れを防ぐためにはどういう干し方をすればよいのでしょうか。



【スポンサードリンク】


型崩れしないセーターの干し方とは?

型崩れしないようにセーターを干す方法はいくつかありますが、一番綺麗に干せるのは平干しです。

平干し用のネットなども売られているので、セーターをよく着る人は購入しておくとよいでしょう。

平干しネットを使う場合でも注意が必要なのは袖の部分。

早く乾くようにと袖をそのまま下に垂らしてしまうと、その部分の重さで型崩れがおきてしまいます。

そのため、袖もネットの上に乗るようにしておくことが重要です。

もしネットを購入するまではしたくない、という場合には、ピンチハンガーで代用できます。

ピンチハンガーの上にセーターを平らに置けば、平干しネットを使うのと同じように干すことが可能。

その他にも、洗濯カゴや折りたたみ椅子など、表面が平らになり少し風通しのよいものであれば、何でもOKです。

代用できるものがあまりない場合には、物干し竿に直接干す方法もあります。

セーターを二つ折りにして干しますが、この時も袖は垂らさず、竿にかけるようにしましょう。

セーターがたくさんあって、この方法では足りない時には、1着あたりハンガーを3つ使うことで型崩れ防止になります。

ハンガーに普通にかけた上で、まずは袖を2つめのハンガーにかけます。

そして、身頃を反対側にあるもう1つのハンガーにかけることで、ある程度平らな状態ができるため、型崩れしにくくなるのです。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

セーターを干すには専用のネットがなくても、家にあるいろいろなもので代用することができるもの。

平らに干して袖を垂らさない、ということだけを念頭において、いろいろと工夫してみましょう。

関連記事