一重メイク アイプチなしでデカ目に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイメイク

一重メイクと言えば、アイプチ・つけまつげ・カラコンの三種の神器がかかせません。
アイプチなしで外出するなんてありえない!と思っている若い女性も多いです。

ところがこのアイプチ、結構目立つんですよね。

デカ目の可愛い女の子。

でも目をつぶるときらりと光るアイテープが…。

テレビに出ているアイドルでも、アイテープが目立ってしまっていることもありすね。

糊上のアイプチは長く利用していると、まぶたの皮膚が伸びてしまって余計腫れぼったい印象になってしまいます。

やっぱり不自然になるアイプチは使わずに、大きくて可愛いデカ目を手に入れたい!

そこで、一重でアイプチなしでもデカ目に見せるメイクをご紹介します!



【スポンサードリンク】


アイプチなしでもデカ目になる一重メイク!

一重はアイラインを太めに!

一重の方は、アイラインをしっかり引いたつもりでも、目を開けた時にまぶたの皮膚に埋もれてしまってほとんど見えなくなってしまいます。

目を閉じた状態で2mmほどの太さで引いても、目を開けたじょうたいでは自然になじみます。

一重まぶただと、分厚いまぶたのせいでアイラインがすぐにじんでしまうのも悩みの一つですね。

そこで、アイラインは速乾性のあるリキッドタイプのものがおすすめです。
ナチュラルに見せたい時には、ペンシルをグッと太めに引いてぼかしましょう。
先にしっかりぼかしておけば、よれが目立たなくなります。

アイラインを引いても目立たないばかりか、一重の方はアイラインを濃く引くと目立ちすぎてしまうという悩みもあります。

黒が一番デカ目に見えるのは間違いありませんが、変にアイラインばかり浮かないためにも、自分の髪色に合わせた色を選ぶのも大切です。



【スポンサードリンク】


ベースのパールやラメは控えめに!

まず、アイホール全体にベース色を塗ります。

目を触って骨とぶつかるところまでがアイホールです。

市販のアイシャドウのベース色はラメやパールがたっぷりふくまれていて、とても華やかです。

ところが一重の方にとってはこれが弱点になってしまいます。

可愛くしたい!という気持ちは分かりますが、コンプレックスが目立ってしまっては意味がありません!

ベース以外のところで差をつける気持ちをもちましょう!

一重さんにもある!二重ラインをチェック

次に、二重ラインを調べます。
私一重だから二重のラインなんかないよ…という方もご安心下さい。

一重の方にも二重ラインはあります。

1.まゆげをぐっともちあげます。
2.脂肪がちょっとへこんでいるところが二重ラインです。

脂肪が分厚すぎて二重ラインが見つからない…という方は、まぶたの際から6mmぐらいを目安に二重ラインと見てみましょう。

この6mm幅は、日本人がナチュラル美人に見える二重幅です。
まずはこの幅でメイクに挑戦してみて、お好みに合わせて二重ラインを変えてみて下さい。

二重ラインに濃いブラウンのアイシャドウ

二重ラインにラインを引くように、濃いブラウンのアイシャドウを引きます。

ここにラインを引いておくことで、遠くから見た時に目の縦幅がとても広く見えます。

ペンシルアイラインでがっつり引く方もいらっしゃいますが、自然にぼかすのがとても難しいので、まずはアイシャドウで挑戦してみましょう。

ブルーやパープル系のメイクにしたい場合は、濃紺や紫のアイシャドウでも代用できます。

二重ラインまで濃い色でガッツリグラデーションを引く

一重のメイクはやりすぎると、お化けみたいだし、ナチュラルがいいよね…なんて思いますが、薄すぎると今度はすっぴん同様になってしまいます。

それ、ナチュラルメイクじゃなくてただのすっぴんだよ…と思われたら悲しいですね。

一重メイクの攻略は、どこに色を入れてどこで色を抜くかをしっかりと押さえることです。

二重ラインまでは色を入れるべきところです。

目の際から二重ラインに向けて、しっかりとグラデーションを入れてみましょう。

間近で見るとちょっと濃いな、という気がしますが、鏡を30cm位離してみるとあたかもそこまで目があるように見えます。

ポイントはとにかく遠慮せずにしっかりと色を入れるところです。

アイシャドウを最終調整

ここまで来てアイシャドウが不自然に目立っている場合は、アイシャドウの中間色でぼかしていきましょう。

あまりぼかしすぎるとメイクの縦長効果が薄くなってしまいますので、必ず鏡を離した状態で確認しながら、ぼかして下さい。

最後に縦ラインのグラデーション

より立体的な目元にみせるため、縦ラインのグラデーションを入れていきます。
目じりから目じり側から1/3位までに、アイシャドウの濃い色と中間色をつかって、グラデーションをつけて下さい。
アイホールの位置までしっかりと色を入れましょう。

まぶたの腫れぼったい一重の方は化粧をしても子供っぽくなってしまいますが、この縦ラインのグラデーションを入れるだけで色気のある目元を作ることができます。

下まぶたに白いアイシャドウを乗せる

下まぶたに白いアイシャドウを乗せましょう。
ここはパールやラメがたっぷり入った華やかなアイシャドウを乗せても大丈夫な場所です。

涙袋が目立つ方は涙袋の位置まで乗せましょう。

涙袋がないけど、涙袋を目立たせたい!という方。
笑って目の下に出来るしわの位置を確認しましょう。

この位置が目袋になります。

涙袋が目立たない方は、この目袋の位置まで白いシャドウを入れてみて下さい。

ビューラーは根元からしっかり!

一重の方はどうしてもまぶたの脂肪にまつげが埋もれてしまって、まつげが目立ちません。

ぱっちり二重まぶたの綺麗にカールしたまつげにあこがれる気持ちは分かりますが、一重まぶたで同じようにしてもイマイチぱっとしません。

デカ目効果を重視するなら、カールを意識するよりは根元から垂直にしっかりとあげましょう。

ちょっと不自然かな?と思っても、時間が経つとまぶたの脂肪でまつ毛が下垂して、不自然さは解消されます。



【スポンサードリンク】


以上、アイプチなしでもデカ目になる一重メイクでした。
一重女子の悩みは日々尽きませんよね。

色使いとグラデーションを制して、自信の持てる目元を手にいれましょう!

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事