一重 可愛いナチュラルメイクのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイメイク

「一重だって可愛いナチュラルメイクがしたい!」
そう願う一重まぶたの女性は沢山います。

でも、一重の方にとって、アイメイクは鬼門中の鬼門です。
流行りのファッション雑誌のメイクを真似してみても、悲惨なことになります。

一重だと可愛いメイクが出来ないから、アイプチに頼って、ついつい濃いギャルメイクばかりしてしまう方も多いです。

一重用のナチュラルメイクを調べてみても
「一重の方は、アイラインを目尻側に流すと切れ長でクールな目元になれますよ!」
「一重まぶたにはブルーのアイシャドウがおすすめです。涼しげな目元になって、まぶたの腫れぼったさが気にならなくなりますよ。」
「一重まぶたにピンクはNG!」と一重はクールで切れ長の目元を生かしなさいとばかり。

でも、そうじゃなくって…可愛いメイクがしたい!と思っている方に、一重のコンプレックスを軽減できる、アイプチやつけまつげを使わない可愛いナチュラルメイクのポイントを紹介します!



【スポンサードリンク】


まずは一重の種類ごとにメイクを考える

一重といっても、一概に皆が腫れぼったくて小さな目の一重ではありません。
大きく分けてには二種類あります。

一つはまぶたの脂肪が薄い一重。

このタイプの一重の方は、ピンクを使った可愛らしいメイクをしても、腫れぼったくなりません。

二重の襞が無い分、アイホールを広めにとれるので、非常にメイク映えする目です。

涼しげな印象を生かした大人っぽいメイクも、縦幅を強調した可愛らしいメイクもお似合いです。

つけまつげを付ければパッチリ二重に大変身する方もいらっしゃいます。

ですが…おそらくこの記事を読んでいらっしゃる方の大半は、二個目の「まぶたの脂肪が厚い一重」だからこそお悩みなのでしょう。

頑張ってアイラインを引いてもまぶたの脂肪で埋もれ、
頑張ってビューラーでまつ毛を上げれば不自然に跳ね上がり毛虫みたいになって、
可愛いと思ってピンクのアイシャドウを付ければ病人みたいに目がはれあがって…と悩みの尽きないタイプです。

そこで今回は、後者の「まぶたの脂肪が厚い一重」の方のナチュラルメイクについて見てきましょう!



【スポンサードリンク】


アイラインはブラウンのペンシル

本来であれば、一重の方のアイラインはよれにくく滲まない黒のリキッドタイプ一択です。

ところが一重の方の場合、アイラインを少しでも濃く引きすぎると非常に目立ち、まるで目元にひじきをつけているかのようになってしまいます。

更に目尻側を長くして目を大きく見せようとすると、どうしても細くクールな目元になってしまいます。

ナチュラルで可愛く見せたい場合には、ブラウンのペンシルでふと目にアイラインを引きましょう。

軽くぼかしておけば、よれてもそこまで気になりません。

濃くみせず、かつ縦幅を大きく見せるには、黒めの上だけ少し太めに引くのがコツです!

ブラウンのアイシャドウで縦グラデーション

分厚いまぶたの一重を立体的に見せるには、色のコントラストをしっかりつける必要があります。

ところが分厚い一重の場合、二重と同じようにはグラデーションが付きません。

そこでまつげの際からアイホールまでのスタンダードな横グラデーションでなく、目頭から目尻までの縦グラデーションをつけましょう。

遠心的な目が気になる場合は、目頭側に濃い色を、
求心的な目が気になる場合は、目頭側に濃い色を入れるようにして顔のバランスを補正しましょう。

可愛くナチュラルに見せたいときには、やや遠心よりに調整するのがポイントです。

ラメやパールのたっぷり入ったキラキラのアイシャドウを使うと濃いメイクになってしまうので、マットなアイシャドウを使ってナチュラルに仕上げましょう。

以上、一重でもナチュラルなデカ目に見せるポイントでした。
それでは次のページで、「可愛い一重アイメイク」のポイントを見ていきましょう!



【スポンサードリンク】

ページ:

1

2

関連記事