一重 可愛いナチュラルメイクのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キラキラシャドウは涙袋に!

キラキラしたアイシャドウを上まぶたに乗せると、どうしても腫れぼったい印象になってしまいます。

キラキラ可愛い印象にしたい時には、下まぶたの涙袋にキラキラのアイシャドウを乗せましょう。

涙袋はホルモンタンクと言われていて、涙袋が大きくなるだけでとても可愛らしい顔立ちになります。

ナチュラルに可愛いデカ目に見せたい時には、上まぶたよりも涙袋メイクに力を入れましょう。



【スポンサードリンク】


目頭から涙袋にかけて、キラキラシャドウを乗せよう!

腫れぼったい一重の方は、大体蒙古襞が張っていて、遠心的なぱっとしない顔立ちになりがちです。

そこで目と目の距離が少しでも近く見えるよう、目頭から涙袋にかけてキラキラの白いシャドウを入れていきます。

「く」の字の形になるように、入れて下さい。
白いシャドウで目頭切開をするようなイメージです。

このラインを入れるだけでも、ぐっと目と目の距離が近くなったようにみえますよ!



【スポンサードリンク】


一重まぶたにピンクシャドウは大敵?

一重まぶたの苦手色といえばピンク。

ぱっちり可愛いお人形さんのような目元にあこがれて、ピンクのグラデーションをまぶたに入れようものなら、理想とはほど遠い目元になってしまいます。

でもやっぱりピンクは乙女の色。

一重だからといってピンクを諦めたくないですよね!

ピンクのアイシャドウを使う場合は、ワンポイント使いを心がけましょう。

おすすめは以下の二つです。

・涙袋に淡いピンクのシャドウを塗る
真っ白のシャドウを塗るのと比べて、ふんわり可愛らしい印象になります。

・目尻側に鮮やかなショッキングピンクをワンポイントで使う
上まぶたに付けたい時にはワンポイントで乗せましょう。
濃い色を乗せると全体に塗らなくてもピンクが目立ち、色気のある目元になります。



【スポンサードリンク】


以上、一重の可愛いナチュラルメイクのポイントでした!

本当は可愛いメイクにあこがれるけど、一重だから切れ長メイクだよね…と思っている方は、是非可愛い一重メイクに挑戦してみて下さい!

以下の記事では、アイプチなしでデカ目にするメイクをご紹介しておりますので、参考にしてみて下さい!
一重のアイプチなしデカ目メイク

ページ:
1

2

関連記事