飲み会マナー 女性はお酌しないとダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲み会

職場や親しい友人と集まって開く飲み会は、日ごろのストレスを解消できる楽しい場所。

しかし、飲み会となると女性はいろいろと気を遣うもの。

特に若手の女性などは、お酌をするべきかと悩んでしまう人も多いかもしれませんね。

そこで、飲み会でのお酌について、女性が気をつけたいマナーを紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


女性は飲み会でお酌をするのがマナー?

飲み会では気がねなく楽しく飲みたい、と思う人がほとんど。

しかし、特に自分がその会の中で目下の人間であれば、やはりお酌をして回る方が良いでしょう。

もちろんお酌を強要されるようなことがあれば問題ですが、なるべくなら皆で気分よく過ごしたいもの。

遠い席の人まで何度も回る必要はありませんが、会の間で一度は挨拶がてら瓶ビールやピッチャーなどを持って回るのがおすすめです。

一度お酌をして挨拶を済ませたら、後は近くに座っている人のコップには気を配っておきましょう。

ちなみになるべくお酌のことを気にしないでいたい、という場合には、店のチョイスが重要。

自分が幹事になった場合などは、ビールを瓶やピッチャーで用意する店ではなく、必ず一人分ずつジョッキで提供してくれる店を選びましょう。

そうすればお酒がなくなった人の分を注文するだけでOKです。

とはいえ、ビール以外のワインや日本酒などを頼んだ場合には、やはりお酌が必要になることも多いので、お店のチョイスだけで完全に避けるのは難しいかもしれませんね。



【スポンサードリンク】


お酌をする時に気をつけるマナーは?

では、お酌をする時にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。

まずは相手のグラスが空になっているか、空になる直前くらいの量になったらお酌をするようにしましょう。

半分くらい残っている状態でお酌をする人もいますが、注ぎ足しを嫌う人もいます。

あまりお酌のタイミングが速いと急かしているようになってしまうので、それぞれのペースを見ることが重要です。

また、お酌の途中で足りなくならないよう、相手のコップがいっぱいになるまで注げるだけのビールが入っている瓶を用意しましょう。

そしてビールの場合には、ラベルが上に来るように右手で瓶を持ち、左手を軽く添えて両手で注ぎます。

この時、瓶とコップが当たらないように注意しましょう。

ビールを注いだ相手がこちらにもビールを勧めてきたら、なるべく自分も注いでもらうのがマナーです。

注いでもらうときにも、コップは両手で持つようにしてください。



【スポンサードリンク】


飲み会のお酌でのマナーを紹介しましたが、いかがでしたか?

面倒だな、と思った方もいるかもしれませんが、女性にお酌をしてもらって悪い気がする人はいません。

皆で気持ちよくお酒を飲んで楽しむためにも、少し気を利かせてみてはいかがでしょうか。

関連記事