マスクでニキビが悪化!仕事の時の注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風邪

花粉の季節などは、マスクが手放せない人も多いですよね。

もしくは、そもそも顔にできてしまったニキビを隠すために、あえてマスクをしているなんていう人もいるかもしれません。

しかしこのマスク、実はニキビの大敵だということをご存知でしたか?

マスクをすることで、ニキビが悪化してしまう可能性が高くなってしまうのです。

でも仕事中など、咳をしているのにマスクをしないわけにはいかない時もありますよね。

そこで、マスクをする際、ニキビを悪化させないようにする注意点を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


マスクでニキビが悪化する?

マスクというのは、細菌を進入させないために、顔に密着する作りになっています。

この顔に密着する状態というのが、ニキビを悪化させる大きな原因。

マスクでニキビの表面の皮膚が擦れてしまうことで、ニキビが悪化してしまうのです。

また、マスクをしているとどうしてもその中が蒸れた状態になってしまいます。

この蒸れた状態というのは、その温度・湿度などによって、ニキビのもととなる細菌が繁殖しやすい状態。

しかも、自分の吐いた息で蒸れた状態であるにも関わらず、その水分が蒸発する際に、肌の水分はどんどん奪われていくため、結果的には肌は乾燥状態になってしまいます。

そうなると皮脂の分泌が増えるため、更にニキビが増える原因になってしまうのです。



【スポンサードリンク】


マスクでニキビを悪化させないためには?

ニキビを悪化させないためには、マスクをつけないことしか無いのかと言えば、そうではありません。

仕事中など、どうしてもマスクをつけなければならない場合でも、使い方に気をつけることで、ニキビの悪化につながらないようにすることができます。

・ガーゼのマスクを使う

最近よく販売されているマスクとしては、不織布のものが多いですよね。

しかしこれは肌への刺激が強いため、ニキビを悪化させる可能性が高くなります。

肌への影響を考えるのであれば、おすすめなのは昔ながらのガーゼのマスク。

肌あたりがやさしいので、肌トラブルにつながりにくくなります。

・つけっぱなしにせず、こまめに外す

つけっぱなしにするとどうしても蒸れや雑菌の繁殖が避けられません。

そのため、人のいない場所などでは時々外し、通気性をよくすることを心がけましょう。

・マスク自体を清潔に保つ

マスク自体に汚れがついてしまっては、肌トラブルは防ぐことができません。

使い捨てにしたり、ガーゼのマスクの場合にはしっかり洗って乾かしてから使うなど、マスクの汚れには気を付けてください。



【スポンサードリンク】


どうしてもマスクを使わなければいけない場合には、ニキビを悪化させないよう、マスクの使い方には注意しましょう。

また、ニキビのある顔を他人に見せたくないという気持ちはわかりますが、隠すためにマスクを使うのは避けておいた方が無難。

かえって長引いてしまうことを避けるためにも、マスクでニキビを隠すことはやめましょう。

関連記事