すき焼きの豚肉 おすすめの部位と柔らかくする方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すき焼き

すき焼きの肉というと、どんな肉を思い浮かべますか?

おそらく、薄切りの霜降り牛肉を思い浮かべる人がほとんどだと思います。

でも実はすき焼きには豚肉も合うということをご存知でしたか?

そこで、すき焼きにおすすめの豚肉の部位と、豚肉を柔らかく食べるための方法を調べてみました。



【スポンサードリンク】


すき焼きにおすすめの豚肉の部位はどこ?

お肉はそれぞれ部位によって脂身が多かったり、淡白な味だったりと特徴があり、その特徴によって向いている料理などが違います。

牛肉の場合、主にロースがすき焼き用として販売されていることが多いですが、もう少し淡白なモモ肉をすすめているお店もあるようです。

では豚肉の場合はどうでしょうか。

豚肉として主に販売されているのは、バラ、カタ、モモ、ロースなどが多いですよね。

この中ですき焼きとして食するには、牛肉と同様にロースがおすすめです。

バラ肉は脂身が多いので、すき焼きにするには少し脂っこくなりますし、モモ肉では淡白になりすぎてしまいます。

そのため、すき焼き用としてはロースが最も脂身と肉のバランスが取れているのです。

もちろん食べる人の好みもありますので、あっさりめにしておきたい、という人はあえてモモ肉を選んでも大丈夫ですよ。



【スポンサードリンク】


豚肉を柔らかくする方法は?

すき焼きは甘辛い味付けで柔らかく煮たお肉を溶き卵で食べる、というのが魅力ですよね。

でもなぜか柔らかくならずに硬くなってしまう、という悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

すき焼きでお肉を柔らかく調理するには、いくつか注意点があります。

まずは、お肉をあまり厚く切らないこと。

また、あっさり系が好きな人でも、ある程度脂身のある肉を用意しておきましょう。

焼き方にも注意点がありますが、より柔らかく食べたい場合には、下ごしらえも重要。

肉は事前に玉ねぎのすりおろしに漬け込んで、1時間ほど置いておきましょう。

玉ねぎをすりおろすのが面倒、という場合には、料理酒に漬け込んでも柔らかくなる効果が期待できます。

そしていよいよ調理するという場合にも注意が必要です。

まず、肉を入れたら火を通しすぎないことが大切。

肉は火を通しすぎると、どうしても硬くなってしまうので、それを避けるには少しレア気味で食べるのが一番良い方法です。

すき焼きの場合、最初に肉を入れることが多いと思いますが、そのあとに入れた野菜が煮えるまで待ってしまうとかなり硬くなってしまいます。

そのため、柔らかく食べるには火が通った肉からどんどん食べていくのがおすすめです。

また、肉を柔らかく調理するには、しらたきとは近くで煮ない方が良いと言われています。

これは、しらたきなどのこんにゃく類を作る時に使用される凝固剤が原因。

凝固剤の影響で、肉が硬くなったり色が悪くなってしまうと言われているのです。

しらたきを下ゆですれば、ある程度凝固剤は抜けるため、下ゆでした上で少し離して煮ると安心ですね。



【スポンサードリンク】


牛肉でも豚肉でも美味しく食べられるすき焼き。

肉の部位や焼き方に注意して、柔らかくて美味しいすき焼きを楽しんでくださいね。

豚肉のすき焼きに牛脂はいれたくない!という方は、以下の記事も参考にしてみて下さい!
すき焼きの牛脂の代用

関連記事