マスクで耳が痛い時の工夫や対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マスク

風邪を引いたり、花粉症になってしまった時に活躍するのがマスク。

咳が出る場合などは、周囲の人へのエチケットとしても重要ですよね。

しかし、マスクをずっとしていると、マスクのひもの部分が食い込んで耳が痛いと感じることもありますよね。

そこで、マスクをしても耳が痛くならない工夫や対策を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


マスクをすると耳が痛いのはなぜ?

マスクをするためには、マスクを耳にかける必要ががあります。

今はコンビニなどでもいろいろな種類のマスクが販売されていますが、その中でも耳が痛くなりやすいのが、耳にかけるのが細いゴムタイプのマスク。

細いゴムだと一点に負荷が集中してしまい、更に伸び縮みすることで耳が擦れるために、耳にかけた部分が痛くなってしまいます。

また、マスクにはいくつかのサイズがありますが、そのサイズも重要。

小さめのサイズのマスクを使うと、どうしてもひもやゴムの部分をより引っ張ることになるため、痛くなりやすいのです。

さらにめがねをしている人などは、マスクの上からめがねをすることでゴムの部分を押さえつけることになってしまうことも。

これによって痛さが助長されてしまう人も多いようですね。



【スポンサードリンク】


耳が痛くならないための工夫や対策は?

・ひもの部分も不織布になっているマスクを使う

最近は、鼻や口を覆う部分だけではなく、耳にかけるひもの部分も不織布になっているマスクが数多く出回っています。

不織布の場合、ひもの部分も平らになっているので、耳の上の部分を圧迫することが少なく、痛くなりにくいのでおすすめ。

ただし、ずっと使用していると多少の影響はあるかもしれませんし、一般的にひもがゴムのものよりも多少値が張ることが多いようです。

・耳に当たる部分をコットンなどで覆う

ひもの耳に当たる部分にコットンやティッシュなど着けて覆うことで、耳にかかる負担を分散させたり、摩擦による刺激を少なくする方法です。

医療用テープなどで固定すればずれることはありませんが、位置調整には少しコツがいるかもしれません。

・ヘアピンで固定する

マスクのひもを耳にかけず、ヘアピンで固定するのも簡単です。

ヘアピンにひもをつけ、耳よりも上に止めることで、耳の上の部分にかかる負担を減らします。

あまり上に引っ張りすぎると、今度は耳の下の部分が痛くなってしまう可能性もあるため、適当な位置に調整しましょう。

・後ろで固定する

マスクの紐の部分にヘアゴムなどを通し、ヘアバンドのように頭の後ろで固定する方法。

この方法であれば、耳に負担がかからないので痛くなりようがありません。

ちょっと人目が気になって外を歩きづらいという場合には、帽子などをかぶれば隠れるので大丈夫です。



【スポンサードリンク】


マスクをつけても耳が痛くならないための対策をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか。

方法はいくつかあるので、自分に合ったやり方を見つけて試してみてくださいね。

マスクをしていたらニキビができてしまった、という方は以下の記事も参考にして下さい!
マスクでニキビを悪化させない方法

関連記事