キムチ鍋の具材。意外におすすめなのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キムチ鍋

寒くなってくると食べたくなるのは、やっぱりお鍋。

中でもキムチ鍋はその辛さのせいもあって、体がより温まるので人気のお鍋ですよね。

でもいくら美味しいキムチ鍋でも、毎回同じような具材を使っていては飽きてしまいます。

では、キムチ鍋におすすめの意外な具材とは何なのでしょうか。



【スポンサードリンク】


キムチ鍋の基本の具材をチェック

まず、キムチ鍋に入れる基本的な具材をチェックしていきましょう。

キムチ
白菜
にんじん
もやし
ニラ
長ねぎ
大根
豚肉
きのこ類(えのき、マイタケなど)
豆腐

キムチ鍋と言って思い当たるものと言えば、このあたりが定番の具材でしょう。

こうしてみると、キムチ以外は他のお鍋とあまり変わりはないようですね。

キムチ鍋のもとを使うのでキムチは入れない、という人もいるようですが、更にキムチも入れると白菜とキムチの違いなどが楽しめるので、キムチ自体も入れるのがおすすめです。



【スポンサードリンク】


キムチ鍋の意外なおすすめ具材とは?

では、定番以外の以外なおすすめ具材にはどんなものがあるのでしょうか。

・にんにく

にんにくを入れること自体は普通かもしれませんが、1~2かけをおろして入れるのではありません。

皮をむいたにんにくを5~6かけ、切ったりすりおろしたりせずにそのまま入れましょう。

丸ごとのにんにくに火を通すとホクホクで甘味がでるので、辛い鍋にはぴったりです。

・餃子

辛いキムチ鍋と餃子は相性抜群。

ただし、底に沈んで焦げると鍋にくっついてしまうので、沈まないように注意しましょう。

・モツ

モツ鍋に使われるようなぷりぷりの小腸は辛い味付けの鍋にもぴったり。

こってりした味が好きな人にはおすすめの具材です。

・トマト

「鍋にトマト?」と驚く人もいるかもしれませんが、最近ではトマト鍋も人気ですよね。

キムチ鍋にトマトを入れると、トマトの酸味がキムチの辛味と絶妙にマッチして美味しくなります。

・レタス

レタスはサラダ以外にもスープやチャーハンなどに入れることがありますが、それと同じように鍋にも意外と合う具材です。

トマトと一緒に入れると、あっさりした鍋になりますよ。

・じゃがいも

じゃがいもは他の鍋にもなかなか入れる機会はありませんが、韓国では「カムジャタン」というスペアリブとじゃがいもを煮込んだ鍋があります。

下ゆでしたじゃがいもを皮をむいて丸ごと入れるのがおすすめ。

一度入れると病みつきになる美味しさです。



【スポンサードリンク】


キムチ鍋に意外と合う、おすすめ具材を紹介してきましたがいかがでしたか?

キムチ鍋は、実はいろいろな具材を美味しく食べることができる味つけの鍋。

今回紹介した具材を追加するだけでなく、白菜の代わりにキャベツにしたり、長ネギの代わりに玉ねぎにしたりなど、オリジナルのキムチ鍋を考えるのも楽しいかもしれませんね。

関連記事