クリスマスケーキはコンビニだと冷凍でまずい?美味しいおすすめケーキはセブンイレブン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいクリスマスケーキの見分け方!

スポンジから美味しいクリスマスケーキを見分ける!

クリスマスケーキは冷凍保存されていると述べましたが、
1.完成状態で冷凍しているもの
2.スポンジだけ冷凍して、直前に生クリームをデコレーションしているもの

の二つに分かれます。



【スポンサードリンク】


前者の完成状態で冷凍しているものは、冷凍した分だけクリームの質が落ちています。

先にフルーツをスポンジに挟んで冷凍しているので、スポンジが変色してまずくなっています。

対する後者はスポンジ自体は劣化していても、スポンジにフルーツが染み込んでいたり、クリームが劣化していることはありません。

選ぶのであれば、スポンジだけ冷凍して、直前に生クリームをデコレーションしているクリスマスケーキを選びたいですね。

スポンジの断面を見れば一目瞭然なのですが、さすがに購入前に切って調べるわけにはいきません。

そんな時には、商品名で画像やレビューをチェックして、スポンジの状態を確認しましょう。



【スポンサードリンク】


クリームの質から美味しいケーキを見分ける!

クリームには動物性脂肪のクリームと植物性脂肪のクリーム、両方が混ざったコンパウンドクリームがあります。

動物性脂肪のクリームは濃厚でミルクの香りが強く、植物性脂肪のクリームは淡泊な味が特徴です。
一般的には動物性脂肪のクリームが美味しいと言われていますが、植物性脂肪のあっさりしたクリームが好きな方もいらっしゃいます。

動物性脂肪のクリームの方が高いので、安いケーキには植物性脂肪を使う場合が多いです。

それでは表示からクリームの質を見ていきましょう。

「クリーム(生クリーム)」
生乳や牛乳を分解した乳脂肪「のみ」を原料とした場合は、「クリーム」と表記できます。

クリームと表記されている場合は、動物性脂肪のクリームです。
(ただし、後述する乳又は乳製品を主要原料とする食品やホイップクリームと併記してあることもあります。)

「乳又は乳製品を主要原料とする食品」「ホイップクリーム」
以上の表記がされている場合、

1.クリームに添加物を加えたもの
2.クリームと植物性脂肪を混ぜたもの
3.植物性脂肪のみで出来たもの

の可能性があります。

日本では濃厚で脂肪分の多いクリームの人気が高く、植物性脂肪を嫌う方が多いので、「乳又は乳製品を主要原料とする食品」「ホイップクリーム」と表記されていたら、植物性脂肪が使われていることが多いです。

表示以外の見分け方としては、動物性脂肪のクリームの方が黄味が強く、植物性脂肪のクリームの方が白味が強いです。

並べてみないと分からないほどの差ではありますが、気になる方はクリームの色もチェックしてみましょう。

個人的にはやはり「クリーム」の方がおすすめです。
安いケーキはコストの問題で植物性脂肪のクリームを選択していることが多いです。
生クリームを使用している場合はコスト度外視で味にこだわって作っています。

クリーム以外のスポンジやフルーツも良い素材が使われている場合が多いです。
また動物性脂肪のクリームの方が冷凍した場合に劣化しやすいので、完全冷凍ケーキを避ける意味でも、「クリーム(生クリーム)」と表記されたケーキを選ぶことをおすすめします。

それでは、次のページで美味しいコンビニのクリスマスケーキをご紹介します。



【スポンサードリンク】

ページ:
1 2

3

4

関連記事