年賀状のコメント 上司用例文!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初日の出

年の初めの挨拶として重要なのが、年賀状。

しかし、友人などへ送るものであれば気軽に年賀状のコメントを書くこともできますが、上司へ送るものとなると悩みますよね。

たかが年賀状のコメントと言っても、年始に一番最初に目にするものだからこそ、しっかり書きたいもの。

そこで、上司あてに送る年賀状のコメントについて、例文を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


上司あての年賀状のコメント例文は?

上司あての年賀状のコメントには必ず、「昨年のお礼」「新年の抱負や決意表明」を盛り込みましょう。

昨年のお礼を述べる場合、「去年」は使わず「昨年」または「旧年」を使います。

「旧年中は大変お世話になりました」

「昨年はいろいろとお心遣いをいただき 誠にありがとうございました」

「旧年中は親身なご指導をいただき 心より感謝申し上げます」

お礼の文章はこのような形式にしておきましょう。

ここで気づいた方もいるかもしれませんが、年賀状のコメントには句読点を使いません。

新年に「区切り」をつけないように、ということから、年賀状には句読点を使わないことが慣わしとなっているので、注意しましょう。

続いて、新年の抱負や決意表明ですが、もし具体的な仕事の内容などを盛り込める場合にはそれを入れるとオリジナリティが出るのでおすすめです。

「本年は○○プロジェクトが本格始動しますが 少しでも会社の力となれるよう努力する所存です」

「△△部に異動して2年目となります 本年はより明確な目標を持って業務に当たりたいと思います」

「□□部長にご指導いただいたことを活かせるよう、精進いたします」

このような文章を組み合わせて、自分なりのコメントを作成してみてください。



【スポンサードリンク】


上司あての年賀状の基本的なマナー

どれだけしっかりした年賀状のコメントを書いていても、その他の部分で失礼があってはいけません。

そこで、上司あてに年賀状を送る場合の基本的なマナーを紹介します。

・「謹」または「恭」が入っている言葉を選ぶ

目上の人に出す年賀状の場合、新年を祝う言葉にも注意が必要です。

「迎春」「賀正」などではなく、「謹賀新年」「恭賀新年」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などの言葉を選びましょう。

「A Happy New Year!」などはもってのほかですよ。

・年賀状の図柄に注意する

あまりふざけた図柄にするのは避けたほうが無難。

家族との写真入りの年賀状は避けたほうが良いという考え方もありますが、普通に上司と家族の話ができるような親しい間柄であれば問題はないでしょう。

・元日に届くように投函する

元日に届けるようにするのが年賀状の基本ですが、特に上司に対して送る年賀状は、必ず元日に届くように余裕を持って投函しましょう。



【スポンサードリンク】


最近では、年賀状は出さずにメールで済ませる、という人も多くなってきました。

しかし、特に目上の人に対しては、しっかりと年賀状で挨拶をしたいもの。

今回紹介した例文を参考に、ぜひ上司に対しても新年の挨拶をしてみてくださいね。

関連記事