クリスマスケーキ割引時間。コンビニはどう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマスケーキ

もうすぐ楽しいクリスマス!クリスマスといえば楽しみなことの一つにクリスマスケーキがあげられますが、実はお得に割引されている時間帯があるということ、ご存知でしたか?しかもお手軽にコンビニで、お得に購入できるらしいのです!
美味しいケーキを安く買えたら、お子さんだけでなく大人もウキウキ!
今回はそんなクリスマスケーキがコンビニで割引されてる時間帯について、調べてみました!



【スポンサードリンク】


コンビニがなぜケーキを安く売れるのか

しかし、ケーキ屋さんだってあるのになぜここでコンビニなのでしょうか?
最近のコンビニのケーキはとっても美味しくて町のケーキ屋さんにひけを取らない美味しさだし、特別安くないと売れないなんてことはないはずですよね。
割引されるかされないか、これにはそれぞれの「販売方法」がポイントになります。
町のケーキ屋さんはお店の方が手作りで、コンビニに比べれば小規模で準備しています。そのほとんどが予約制で、たくさん売れ残るなんて事態にはなりません。
一方コンビニの場合はお客さまが手軽に立ち寄って、目に入ったものを買うことが多いですよね。
ちょっと仕事帰りに立ち寄って、
「あれ、ケーキがあるぞ。美味しそうだし買ってみようか」
こんな購入の仕方が主になります。
そのためコンビニ側では確実に売れる数だけを準備し、売れない分は仕入れないようにするということが完璧にはできません。
かといって確実に売れる数だけを仕入れて、もし足りない事態になってしまっては儲けるチャンスも失いますし、お客さまを満足させることは当然できません。
よって、コンビニでは少し多めに見積もって仕入れるのです。
もともと多めに見積もっていますから、ケーキも当然売れ残りが出てきます。
しかし、売れないからとそのまま置いておけば廃棄するほかなくなってしまい、結果、売れ残ったケーキはまるっと損をしたことになりますよね。
それを避けるため、安くすれば売れるであろう限界の時間まで待ってから、割り引いた金額で販売するのです。

コンビニでケーキが安くなる時間帯は?

まず、これには皆さんがケーキを食べる時間帯がポイントになります。
クリスマスケーキですから、当然食べるのは24日か25日になりますよね。
まず安くなる日にちは25日!これは24日に売れなかったとしても、25日に買う人がいるためです。
クリスマス向けケーキですから、その日にあわせて賞味期限が来るように製造・販売されますから、『24日に賞味期限きれるからとっとと安くしよう!』なんて事態にもなりません。
25日に食べる場合ですが、この場合ほとんどの方は仕事が終わって帰宅した、夜になります。
だいたい19時をまわるとパッタリ・・・と売れなくなってしまうクリスマスケーキ。
コンビニではクリスマスは一足早く終えてしまうのですね・・・。
コンビニではだいたいこの19時をまわるまでに売り切ってしまいたいというのが心情と言えます。
ですから自然と安くなるのもこの直前が主になり、18時以降が狙い目です。
いきなり半額で売られるということは少なく、2割引から3割引が主なようです。
甘いものが大好きで目がないという方は、ぜひこの機会にコンビニに立ち寄ってみてください!



【スポンサードリンク】


コンビニ以外での割引ケーキは?

コンビニでしかクリスマスケーキは割引されないという訳ではなく、実はスーパーなどでも同様です。
時間帯はコンビニと同じ理由でやはり18時ごろから始まりますが、閉店時間が早い場合は17時台から割引が始まる場合があります。
一部大手の洋菓子チェーン店でも同様の割引が見られる場合があります。

あったらラッキー!程度に心得よう

コンビニだろうとスーパーだろうと、仕入れ値というものがある以上、お店側としては定価で売り切ってしまいたいものです。
経験豊富で感の鋭い仕入れ担当の方ならば、在庫を抱えて困ってしまうなんてことも少ないでしょう。
割引されたクリスマスケーキをピンポイントで狙うのはちょっと危険です。
なんたって、買えるとは限らないのですから。



【スポンサードリンク】


もしあなたがコンビニでお得に値引きされたクリスマスケーキと出会えたのなら、それは一年間がんばったあなたへの、サンタさんからのプレゼントです。
おうちにケーキがあったとしても、一つくらい増えたって構いやしません!なんたって、クリスマスは特別な日なのですから。
たまのご褒美、美味しく召し上がってみてはいかがでしょうか?

以上、詫磨一紫がお送りしました!
コンビニのクリスマスケーキについては、以下の記事を参考にして下さい!
コンビニのクリスマスケーキってまずいの?

関連記事