ワインに合う低カロリーおつまみ。市販品を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマスプレゼント

ワインを飲む時には、せっかくなら美味しいおつまみと一緒に楽しみたいもの。

しかし、おつまみを食べるとなるとどうしてもカロリーが気になってしまいます。

そこで、ワインに合わせるのに最適な低カロリーのおつまみについて調べてみました。

簡単に手に入れることのできる市販品なので、手軽にワインを楽しむことができますよ。



【スポンサードリンク】


ワインに合うおつまみ、合わないおつまみ

ワインを料理に合わせる時には、肉類には赤ワイン、魚介類には白ワインというのが一般的ですよね。

これには赤ワインの渋みが肉のうまみを引き立てるなどの理由がありますが、それほど気にする必要はありません。

どちらにも合うおつまみも多数あるので、まずは試してみるのが一番です。

ただし、合わないおつまみだけは知っておいた方がよいでしょう。

購入して簡単に食べられる数の子やいくら、明太子などの魚卵、さきいかや貝ひもなどの魚介類の珍味系は、ワインと合わないと言われているもの。

また、カロリーが高いものも多いので、注意が必要です。



【スポンサードリンク】


ワインに合う低カロリーの市販おつまみは?

では、スーパーやコンビニなどでも購入できる、低カロリーのおつまみにはどんなものがあるのでしょうか。

・モッツァレラチーズ

ワインと言えばチーズ、というイメージを持っている人も多いでしょう。

チーズは種類によってかなりカロリーに差があり、モッツァレラチーズは、チーズの中ではかなりカロリーが低く100gあたり250kcal。

ダイエット中のおつまみとしては最適です。

スライスしてオリーブオイルと塩コショウなどでそのまま食べるだけでも美味しいですよ。

・生ハム

カロリーが高そうに見える生ハムですが、実はそれほど高くありません。

1枚あたり40kcal程度なので、食べ過ぎなければOKです。

そのままでも十分おつまみとして通用しますし、上で挙げたモッツァレラチーズと一緒に食べても良いですね。

ただし、塩分は高めなので、生ハムをおつまみとして食べる時には、他のおつまみは塩分控えめにしておきましょう。

・缶つま

手軽に手に入る美味しいおつまみとして、有名になったのが缶つま。

缶つまにはかなりの種類がありますが、缶詰なので量が多くないこともあり、1缶あたりのカロリーが100kcalを切るものも多数あります。

ワインにおすすめなのは、缶つまレストランシリーズのムール貝の白ワイン蒸しや、ベジタパスシリーズのトリッパビーンズ、エリンギとマッシュルームのアヒージョなど。

その他にもワインに合うラインナップも多いので、少しずついろいろなおつまみを試してみると楽しいですね。



【スポンサードリンク】


ワインに合うおつまみというと、なんだか探すの難しそうと思っていた方もいるかもしれませんが、実はそんなに難しいことではありません。

今回紹介してきたように、ワインに合う低カロリーのおつまみは、意外と簡単に市販で手に入れることができるのです。

購入したものをちょい足ししてアレンジするのも楽しいので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事