カフェイン取りすぎた時の頭痛・吐き気対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

コーヒーは疲れている時やリラックスしたい時、ホッとさせてくれる素敵な飲み物ですが、
ついついたくさん飲み過ぎて、頭痛や吐き気をもよおした、なんて経験はありませんか?
コーヒーに含まれるカフェインは、リラックス効果や集中力をアップさせてくれる反面、過剰摂取による体調不良を引き起こすこともあります。
今回はカフェインを取りすぎた時の頭痛や吐き気に対する対処法をご紹介します。



【スポンサードリンク】


カフェインが頭痛や吐き気を引き起こす理由

カフェインを含む飲み物は実はとても多く、緑茶や紅茶・ウーロン茶・コーラやココアにも含まれています。
しかし、最も多くカフェインを含むのはやはりコーヒーで、ドリップコーヒーで100ml中90mgのカフェインを、エスプレッソに至っては100ml中280mgものカフェインを含んでいます。
日本人に多く飲まれる緑茶は100ml中20mgですので、コーヒーがいかに多くのカフェインを含んでいるのか、一目瞭然となっています。
カフェインは1日に250mg以上摂取すると、良い睡眠を得ることが困難になると研究で明らかになっています。
このことからエスプレッソを夜飲むことはオススメできませんね。
カフェインを取りすぎると頭痛や吐き気などの体調不良を引き起こすのは、多量摂取による急性中毒が原因となっています。
毎日多量のカフェインを摂取し続けることによる慢性中毒というものもありますが、こちらは幻覚症状なども現れます。
カフェインは適度に取るように、一日の摂取量は不眠を引き起こす原因となる250mgを目安にするようにしましょう。



【スポンサードリンク】


頭痛や吐き気の対処法は?

まずは頭痛ですが、これはカフェインを過剰摂取したことにより血管が収縮し、今度は逆に大きく拡張させるために起こります。
ですから、血管を冷やし、拡張した血管を収縮することで痛みが和らいできます。
氷枕などで頭をしばらく冷やすことをオススメします。
吐き気の方は、カフェインが体内から抜けるまで安静にするしかないというのが実情です。
体調が戻るまでの間は血管が拡張するような行為(運動や入浴)は避け、そして水分をたくさん摂るようにしましょう。
カフェインはその多くが尿と一緒に体外に排出されますので、たくさんの水を飲み、尿と一緒に排出します。
摂取した量にもよりますが、長くとも1日もたてばだいぶ楽になってくるでしょう。



【スポンサードリンク】


効能あふれるカフェインだからこそ、気をつけて摂取する!

カフェインには脂肪燃焼効果、胃酸分泌促進、リラックス効果、集中力アップ、様々な効果があります。
だからこそついつい頼ってしまうこともあるでしょうけれど、だからこそ気をつけて摂取するように心がけましょう。
カフェインの慢性中毒は先に述べた幻覚症状だけでなく、うつ症状を引き起こすこともあります。
くれぐれも一日の摂取量には気を配り、上手に生活に取り入れたいものですね。

以上、詫磨一紫がお送りしました!

関連記事