痰と鼻水の違いと止まらない時の対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風邪

風邪をひいたり、鼻炎になったりすると、鼻水や痰が出る場合がありますよね。

この鼻水と痰、鼻をかんだり吐き出してみると、同じようなものに見えますが、そもそも違いは何なのかご存知でしょうか。

鼻水がのどに流れたのが痰だと考えている人もいるかもしれませんが、実は違います。

そこで、痰と鼻水の違いについて調べてみました。

痰や鼻水が止まらない時の対処法も紹介しますよ。



【スポンサードリンク】


痰と鼻水の違いって?

基本的に鼻水や痰などが出る理由というのは、体内に進入した異物を外へ出す、ということ。

人は呼吸とともに、空気中のホコリや花粉、ウイルスなど様々な異物を取り込んでしまいます。

それを粘液とともに体外に排出するのが、鼻水や痰が出る理由です。

しかし、鼻水と痰で異なるのは、どこから出ているかという点。

鼻水の場合、主に鼻に入った異物を外へ出す目的で、鼻の中で粘液が出ます。

一方痰の場合には、肺や気管支などの呼吸器から出るもので、咳を伴うのが一般的です。



【スポンサードリンク】


痰や鼻水が止まらない時の対処法は?

痰と鼻水の違いはわかりましたが、もし痰や鼻水が止まらない時には、どう対処すればよいのでしょうか。

まず、痰の場合も鼻水の場合も、原因をはっきりさせることが大切です。

痰や鼻水がひどい場合などは、風邪薬を飲めば良いと考える人も多いかもしれません。

しかし、鼻炎や気管支炎などの場合には、風邪薬を飲み続けても効果がないので、長引くようであればまず病院を受診しましょう。

そして、咳を伴う痰の場合には、のどを乾燥させないように注意が必要です。

加湿器を使ったり、常にマスクを使用するなどして、のどの乾燥を防ぎましょう。

鼻水がひどい場合、鼻水をかまずにすすってしまうと、鼻水がのどに流れて炎症を起こします。

また、耳が聞こえにくくなるなどの影響も起こるため、鼻水はすすらず、必ず鼻をかむようにしましょう。

鼻をかむときには、片方ずつ、やさしくかむのがポイント。

鼻を強くかみすぎたり、しっかり片方の鼻を塞げていないと、中耳炎を起こしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

特に気を付けたい痰や鼻水の注意点は?

痰や鼻水は、健康な時でもほこりなどの異物を排出するために出るもの。

一般的に健康な時の痰や鼻水は透明な色をしています。

しかし、風邪などによって炎症が起こってしまうと、粘り気が出てきたり、黄色や黄緑色の色がつくようになるのです。

このように、痰や鼻水に色がついてきたら要注意。

できるだけ早く病院を受診しましょう。



【スポンサードリンク】


痰や鼻水の状態は健康のバロメーターともいえるもの。

炎症を起こしているかどうかなども分かるので、常に注意しておきましょう。

関連記事