風邪でマスクをしたまま寝るとどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マスク

風邪をひいたとき、その対策のためにマスクをしたまま寝るという人も多いでしょう。

マスクをして寝ると、起きたときにのどが楽になっているような気がして効果がありそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

風邪には良いとしても、何か悪影響がないかなども気になりますよね。

そこで、風邪をひいたときにマスクをして寝るとどうなるのか、そしてマスクをしたまま寝るときの注意点を紹介しましょう。

マスクをしたまま寝ると風邪対策になる?

風邪をひいたとき、特にのどの痛みや咳などがある場合には、寝るときにもマスクをするのがおすすめです。

特に冬場は空気が乾燥しやすくなっており、風邪を引き起こすウイルスが活動しやすい環境。

その対策としてマスクをすることで鼻や口から吸いこむ空気が加湿され、ウイルスの動きを鈍くしてくれるのです。

特にのどの状態がひどい場合などは、加湿するためのポケットなどがついているぬれマスクなどを使用してみるのもよいですね。



【スポンサードリンク】


寝る時のマスクは風邪以外にも効果的?

寝る時にマスクをするのは、実は風邪以外にもいろいろな良い効果があります。

マスクをして寝ることで保湿効果が高まるので美肌効果があった、という人も。

自然にスチームを浴びているような状態になるため、朝起きたときに肌がしっとりするようです。

そのため、特にくちびるが荒れやすい人にはマスクをして寝るのはおすすめ。

ワセリンやくちびる用の美容液などを塗ってからマスクをしておくと、荒れがなおりやすくなります。



【スポンサードリンク】


マスクをして寝るときの注意点は?

このように、様々な良い効果があるマスクなのですが、つけたまま寝る場合には、いくつか注意が必要です。

まず、マスクは必ず毎日取りかえるか、ガーゼマスクの場合は洗濯して、清潔に保つこと。

これを怠ると、せっかくの美肌効果も薄れてしまい、逆にニキビなど肌荒れの原因になってしまいます。

また、もともとマスクが触れる範囲にニキビなどができている場合には、マスクをして寝るのは避けておいた方が無難。

マスクで患部が擦れることで、悪化してしまう可能性があるため、注意しましょう。

そして、顔に合ったサイズのマスクをすることが重要です。

もしマスクをして寝たときに、夜中に息苦しくて目が覚めてしまうような場合には、マスクのサイズが合っていません。

楽に眠れるサイズのマスクを探すようにしましょう。



【スポンサードリンク】


寝るときにマスクをすることによる効果を紹介してきましたが、いかがでしたか?

マスクには、風邪対策以外にもメリットがたくさんあることがおわかりいただけたと思います。

注意点はしっかり守って、マスクのメリットをしっかり活かしましょう。

関連記事