ボールペン復活方法!輪ゴムで空気を抜くには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャーペン

日々の生活に必需品のボールペン。
しかし使っていると、時折インクに空気が入ったのか、うつらなくなってしまうことがありますよね。
「あー、これ買ってまだ間もないのに・・・。インクもたくさん残っているけど、仕方がないから捨ててしまおう」
そんな風に思っていやしませんか?
いやいやいや、ちょっと待ってください!そのボールペン、復活させるとっておきの方法があるんです!
しかもとってもお気軽、簡単!道具は何の変哲もない輪ゴムのみ!
捨てる前にぜひお試しいただきたい!
今回はそんな「うつらなくなったボールペンを復活させる方法」を調べてみました!



【スポンサードリンク】


どうしてボールペンは急に書けなくなるの?

しかし、どうしてボールペンはまだインクがたくさんあるにもかかわらず、書けなくなってしまうのでしょうか?
ガリガリと何度も殴り書いてみても、一向にインクが出ることはありません。
これはボールペンの先の部分、インクが出るボールの部分に衝撃などが原因で空気が入り、毛細管現象が作用しなくなるためです。
毛細管現象が働かないために、いくらがんばってガリガリ殴り書いてもインクが出てきてくれないというわけです。
ではどうすればインクが出るようになるのでしょうか?

輪ゴムでびょいんびょいん!インク復活の方法

さて、ではいかにして輪ゴムで使えなくなったボールペンが復活するのでしょうか?
これにはいくつかの方法がありますが、共通するのは『とにかく回転させること!』です。
輪ゴムの遠心力を利用して、ボールペンのインクの中の空気を抜くことが目的です。
しかし、輪ゴムで回転させる前にポイントが一つ。これは『ボールペンのペン先を温めること』です。
ボールの材質によっては温めるだけでもインクが出ることもあります。
温めることで中のインクも柔らかくなり、インクが出やすい状態を作ることができます。空気も抜けやすくなることが期待できますのでぜひやってみましょう。
それでは、輪ゴムを使ったボールペン復活への手順をご紹介しましょう。

1、ボールペンのクリップ部分に輪ゴムをかける。
2、クリップにひっかけた輪ゴムを左右に広げ、ボールペンをブンブンと回転させる。
3、終了。



【スポンサードリンク】


・・・あっけなさすぎて「え、本気で?」という感じですが、本当です。
実際著者が輪ゴムを使った復活方法を幾つかためしてみましたが、この方法が最も単純かつ簡単、効果もありました。
ただ場合によってはインクが部屋中に散らばることも考えられますので、できればそのような想定をして屋外で汚れても良い服装で行うことをオススメします。

おわりに

いかがでしたでしょうか?日常でなくてはならないボールペン。
急にうつらなくなって困らないよう、ぜひ覚えておいてくださいね!



【スポンサードリンク】


以上、詫磨一紫がお送りしました!

関連記事