マスクのメガネ曇り対策!曇り止めのおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マスク

風邪や花粉症のときって、マスクが欠かせないですよね。

でもメガネをかけていると、どうしてもメガネが曇ってしまって困ることも。

コンタクトを使用していれば問題はないのですが、花粉症の場合などは、花粉防止のためにあえてメガネを着用している、という人もいるでしょう。

そこで、マスクをしたときの、メガネの曇り対策を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


マスクをするとメガネが曇ってしまうのはなぜ?

メガネをしていると、いろいろな場面で曇りが出てしまうことがありますよね。

よくあるのは、熱い食べ物を食べたときや、温泉などの湯気によるもの。

マスクをしている時にメガネが曇ってしまうのも、これらと同じ原因です。

マスクをしていると吐いた息がマスクの内側にこもりますが、この水蒸気がマスクと顔の隙間から漏れてしまうことで、メガネが曇ってしまうのです。

市販品でメガネの曇り対策をするには?

メガネの曇り対策として、真っ先に思いつくのはメガネの曇り止めスプレーでしょう。

曇り止めスプレーの効果は製品にもよりますが、ある一定の効果は得られます。

しかし、製品によっては、時間がたつと塗りなおさなければならない場合もあり、わずらわしさを感じる人もいるかもしれません。

また、マスク側で曇り対策を行う製品も販売されています。

マスクと顔に隙間ができやすいのは鼻の部分ですが、この部分が密着するように厚みを持たせてある製品があります。

ただし、普通のマスクと比べると少し価格が高いのが難点ですね。



【スポンサードリンク】


いつものマスクで曇り対策をするには?

では、専用の商品を購入するのではなく、いつも使っているマスクで曇り対策をするには、どのような方法があるのでしょうか。

基本は、マスクと顔の間に隙間ができないよう、マスクに工夫をすることですが、主な方法は2つあります。

まず1つめは、マスクの上部を折り曲げる方法。

マスクの上部の鼻にあたる部分を内側に少し折り曲げて厚みを持たせます。

そのまま装着すると、厚みが出ているため水蒸気が外に出づらくなり、曇り対策になります。

ポイントは内側に折り曲げることで、折り曲げた部分で水蒸気がブロックされやすくなるのでおすすめです。

ちなみにマスクを折り曲げることで少し小さくなってしまうので、普段よりも若干大きめのマスクを使うとよいでしょう。

もう1つの方法は、ティッシュなどを鼻の部分の隙間ができるところに挟んでおく方法。

ティッシュを1~2cm幅くらいに折りたたみ、ワイヤーが入っている下くらいの位置に入れて、マスクを装着します。

挟んだティッシュによって、水蒸気がブロックされるので、簡単に曇り対策ができます。



【スポンサードリンク】


メガネの曇り対策をいくつか紹介してきましたが、人によってやりやすい方法は違うでしょう。

また、いくつかの方法を組み合わせることで、より効果が高くなるので、自分にあった対策を探してみてください。

関連記事