タオルの臭いが取れない時は寿命?捨てる前に重曹で洗濯してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯

きちんと洗濯しているのに、なぜかタオルの臭いが気になってしまう。

そんな経験ありませんか?

では、臭いが取れないタオルは寿命で、捨てるしかないのでしょうか。

実は、重曹を使って洗濯することで、簡単にタオルの臭いをとることができるのです。

そこで、タオルに臭いがついてしまう理由と、重曹でタオルの臭いをとる方法を紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


タオルに臭いがついてしまう理由とは?

使うたびに洗濯しているはずのタオルの臭いが取れなくなってしまう理由は、雑菌です。

普通の洋服と違い、タオルというのは使った後、洗濯するまでの間、濡れた状態で放置されることが多くなります。

濡れた状態というのは、湿度の関係で雑菌が繁殖しやすいもの。

特にバスタオルや、キッチンやトイレにかけてある手拭きタオルなどは、雑菌の温床となりやすいのです。

使ったタオルをすぐ洗濯機に入れて洗濯するのであれば良いのですが、なかなかそうはいかないのが現実ですよね。

洗う予定のタオルを洗濯機に入れたままにしておくなどすると、洗濯機の中で雑菌が繁殖してしまうこともあるのです。

また、洗濯が終わったことに気づかず、洗濯機の中に濡れたタオルを放置してしまうのも危険。

そして、部屋干しで生乾きになったり、天気が悪い日でなかなか乾きが悪い時なども、タオルに雑菌が繁殖する原因になりやすいのです。

このようにタオルには雑菌が繁殖しやすい状況がいろいろとあるのですが、一度ついてしまった雑菌は、なかなか取れません。

そのため、その後洗濯を繰り返しても臭いが取れないという状況になるのです。



【スポンサードリンク】


臭いが取れないタオルは重曹で洗濯してみよう!

普通に洗濯するだけではなかなか雑菌を取ることができないので、捨てるしかないと考える人もいるかもしれません。

しかし、重曹を使って洗濯することで、雑菌をきれいに取り除くことができるのです。

使い方はとても簡単。

まず、重曹は、食品用でも掃除用でも構いませんので、普通にスーパーなどで販売されているものを手に入れます。

洗濯1回分あたり、使用する重曹はティースプーンで3~4杯程度でOKです。

臭いがきついものがある場合には5杯でも良いのですが、多すぎると、溶け残りが出てしまう可能性があるため、洗濯物の量によって調整してください。

重曹を普通に洗濯機に入れたら、通常の洗濯洗剤を一緒に入れて洗濯しましょう。

この時、「念入り」モードなど、いつもよりも十分にすすぎをするモードを選びます。

洗濯が終わったら天日干しにして、しっかり乾かしたら臭いが取れているでしょう。

重曹を使う洗濯は簡単なのですが、いくつか注意点があります。

まず1つは、重曹を使う時には乾燥はしないこと。

万が一溶け残りの重曹があった場合に、乾燥までしてしまうと洗濯機に重曹がついてしまい、悪影響が出る可能性があります。

また、一部のドラム式洗濯機などでは、重曹を使ってはいけないものもあります。

必ず説明書を読んだ上で、試してみてくださいね。



【スポンサードリンク】


タオルに臭いがついてしまうのは嫌なもの。

捨てる前に一度重曹を使って、しっかり除菌、消臭して、タオルを生き返らせましょう。

関連記事