風邪薬で便秘に!解消法と注意すべき成分は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生理痛

風邪をひいたとき時、咳や鼻水などの症状を抑えるために飲む風邪薬。

辛い風邪の症状を抑えてくれる風邪薬は、いざという時のために自宅に必ず常備しているという人も多いでしょう。

しかし、風邪薬を飲むことで症状が抑えられても、何らかの副作用が出てしまう場合もあります。

その副作用の一つとして挙げられるのが、便秘。

では、風邪薬で便秘にならないよう、注意しなければならない成分とは何でしょうか。

風邪薬によって便秘になってしまった場合の解消法も、合わせて紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


便秘の原因となる風邪薬の成分とは?

風邪薬には様々な成分が含まれていますが、そのうち便秘の原因となるのは、抗ヒスタミン系の成分です。

抗ヒスタミン系の成分とは、主に鼻水や咳などを抑えるために含まれているもの。

この成分には消化器管の働きを抑制する効果があり、それによって鼻水や咳などの症状が抑えられるのです。

しかし、消化器管の働きを抑制するということは、腸の動きも抑制してしまうということ。

抗ヒスタミン系の成分によって、腸の働きが抑制されてしまった結果、便秘となってしまうのです。

では、抗ヒスタミン系に分類される成分の具体例を挙げていきましょう。

鼻水を抑える成分として配合されているもの

・マレイン酸クロルフェニラミン

・マレイン酸カルビノキサミン

・フマル酸クレマスチン

・ジフェンヒドラミン

咳を抑える成分として配合されているもの

・リン酸コデイン

・リン酸ジヒドロコデイン

・dl-塩酸メチルエフェドリン

・ノスカピン

主にはこのような成分が挙げられます。

ただし、これらが入っている風邪薬を飲んだからと言って、全ての人が必ず便秘になるわけではありません。

便秘になるかどうかは、その時の体調や体質などによるもの。

また、風邪の症状で腸の働きが悪くなり便秘になってしまう場合もあるので、これまで風邪薬で便秘になったことがないと言う人は、それほど心配する必要はないでしょう。



【スポンサードリンク】


風邪薬による便秘の解消法は?

風邪薬によって便秘になってしまった場合、どのような解消法をとればよいかというと、他の原因による便秘の場合とあまり違いはありません。

まずは、水分補給をしっかりすること。

便秘の症状には水分が重要なため、しっかり水分補給をすることが重要です。

特に風邪で発熱している場合などは、脱水症状を起こしやすいため、通常よりも注意して、常温の水や白湯などを意識して飲むように心がけましょう。

そして、食事に気を付けるのも便秘の解消法としては大切です。

基本は食物繊維の多い食材を摂ること。

食物繊維の多い食材としては、きのこ、海藻類、根菜などがあります。

これらは雑炊などに入れることで、風邪の時の食事としても摂り入れやすいのでおすすめです。

食欲があまりないという場合には、腸内環境を整えるヨーグルトを食べると良いでしょう。

また、病院でもらった薬で便秘になった経験がある場合には、受診の際に相談すると整腸剤を合わせて処方してもらえることもありますよ。



【スポンサードリンク】


風邪薬の副作用で便秘になってしまった場合、基本的には風邪薬の服用をやめれば便秘の症状は改善されます。

そのため、まずは風邪を治すことに専念し、それから便秘のことを考えるくらいでも問題はないでしょう。

関連記事