耳から水が出てくる!黄色の水でかゆい場合は注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬

ある時、ふと気づいたら耳から水が出てきている!

そんな経験をしたことがある人もいるかもしれません。

自分ではなくても、赤ちゃんや子供の耳から水が出てきて、驚いたといる人もいるでしょう。

耳から水が出てくる場合、理由はいろいろあるのですが、ただの水だからと安易に考えるのは危険です。

特に黄色い水が出てきたり、かゆい時は特に要注意。

そこで、耳から水が出てくる原因と、特に注意が必要な場合について調べてみました。



【スポンサードリンク】


耳から水が出てくるのはなぜ?

耳から水が出てくることを、一般的に「耳だれ」と呼びます。

この耳だれが起こってしまう原因は、いくつか考えられますが、まず起こりやすいのは耳に傷がついてしまったことによるもの。

耳掃除をするとき、主に外耳道と呼ばれる部分を掃除しますが、この外耳道は皮膚が弱く、傷つきやすいもの。

耳掃除をして外耳道に傷がついてしまうことによって、そこに雑菌などが入り、耳だれの原因になってしまうことがあるのです。

これは外耳道湿疹と呼ばれるもので、水が出るだけでなくかゆみが出る場合もあります。

放置すると中耳炎に発展してしまうこともあるので、注意が必要です。

外耳道湿疹の場合、黄色く粘っこい水が出ることが多く、夜の間に出た場合などは朝カピカピに固まってしまっている場合もあります。

固まったものが耳の穴をふさいでしまうこともあるため、早めの治療を心がけましょう。

また、急性中耳炎が原因となる場合もあります。

急性中耳炎は、風邪などが原因で、鼓膜の内側の中耳に炎症が起こってしまうものです。

急性中耳炎の場合、かゆみというよりは痛みが出ることが多いのですが、炎症がすすむと、鼓膜を破ってうみが外耳にまで出てきてしまいます。

更に悪化すると、滲出性中耳炎という、中耳に水がたまる病気になってしまう可能性もありますが、これは難聴を引き起こすこともあるため、危険な状態です。

耳から水が出るような症状が確認された場合、速やかに耳鼻科を受診しましょう。



【スポンサードリンク】


赤ちゃんに特有の原因は?

大人の場合、耳から水が出てくるのは、主に上で紹介した外耳道湿疹や急性中耳炎が原因です。

しかし、赤ちゃんの場合には、大人とは違い病気ではない原因によるものがあります。

よくある原因は、赤ちゃんが寝る時の向き癖によるもの。

赤ちゃんが同じ向きばかりで寝ていると、下側になる耳の部分だけ蒸れてしまいます。

その結果、汗がたまって耳だれになってしまう場合があるのです。

また、ミルクや母乳が何らかの拍子に耳に入ってしまい、耳あかと混ざると耳だれのような症状に見えることがあります。

このような場合、病気ではないので日常生活で注意をすることで改善することが多いでしょう。

しかし、赤ちゃんは症状を自分で訴えることができないため、このように病気とは違うケースでもなかなか判断がつきません。

念のため早めに小児科や耳鼻科などを受診して、原因を特定してもらいましょう。



【スポンサードリンク】


耳から水が出る場合、特に大人はなんらかの炎症を起こしていることが多いもの。

放置することで悪化することも多いので、症状が軽いうちに受診して治療をするように心がけましょう。

関連記事