服の油汚れの落とし方。自宅の洗濯洗剤でも落ちる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯

食事や料理をしていて、お気に入りの服に汚れがついてしまうと、本当にショックですよね。

特に料理などの油汚れは、普通に洗濯してもなかなか落ちないもの。

洗って綺麗になったと思っていても、乾かしたらシミになっていて焦ってしまった、なんていうことも。

では、服についてしまった油汚れの落とし方にはどんなコツがあるのでしょうか。



【スポンサードリンク】


服の油汚れは洗濯洗剤でも落ちる?

服についてしまった油汚れは、残念ながら普通に洗濯しただけではなかなか落とすことができません。

人の体から出る皮脂などは、通常の洗濯洗剤でもある程度落とすことができるのですが、料理などでついてしまったひどい油汚れは、通常の洗濯洗剤では難しいでしょう。

しかし、ついてから時間がたっておらず、あまりひどくない油汚れであれば、洗濯する時に水ではなくお湯を使うことで落ちる可能性もあります。

少し油汚れがついてしまった、という場合には試してみてください。



【スポンサードリンク】


家にある洗剤を利用した油汚れの落とし方

油汚れを落とすには、当然油に強い洗剤を使うことが必要です。

家にある油に強い洗剤と言えば、台所用洗剤。

台所用洗剤は、油を分解する効果が優れているので、油汚れに特化した場合には洗濯洗剤よりも効果的です。

しかし、もちろん台所用洗剤をそのまま洗濯機に入れて洗濯するわけではありません。

気になる油汚れがある場合には、その部分だけを台所用洗剤で予洗いしておきます。

油汚れがついている部分に直接台所用洗剤をつけ、手でやさしくこすり洗いをします。

濡れてしまうとどこに油汚れがついていたかが分からなくなる場合があるので、乾いた状態のときに汚れの場所をチェックして、漏れがないようにしましょう。

このように台所用洗剤で予洗いしておけばそれで油は分解されるので、その後はそのまま通常どおりに洗濯すればOKです。

作業着などのひどい油汚れの落とし方

普通に自宅でついてしまう程度の油汚れであれば、台所用洗剤でOKですが、更にひどい油汚れの場合には、それでも難しいかもしれません。

例えば料理人などでかなりひどい油汚れが日常的についてしまう服や、作業着についてしまった機械油など、台所用洗剤で落ちない場合には、ベンジンを使用しましょう。

シミの部分の下にタオルなどをひいておき、ベンジンで上から叩いてタオルに汚れをうつすようにして、油汚れを綺麗にしていきます。

汚れが落ちたらベンジンをつけた部分を水洗いして、その後に普段と同じように洗濯しましょう。

ちなみに作業着の場合には、作業着用の洗濯洗剤が販売されているので、それを利用すると更に綺麗になりますよ。



【スポンサードリンク】


服についてしまった油汚れは、時間が経つにつれて落ちにくくなります。

そのため、もし油汚れがついてしまった場合には、すぐに落とすのが基本。

大切な洋服を綺麗なまま着るためには、汚れたら早めに対処していきましょう。

関連記事