ココアの健康的な飲み方。おすすめのココアはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メイドカフェ

冬の寒い時期は、温かい飲み物を飲んで体を温めたいですよね。

そんな時におすすめなのがココア。

甘くて温かいココアを飲むと、ホッと一息つくことができます。

そして、このココアには実は健康にも良い効果があるということをご存知でしょうか。

今回はココアの効果と健康的な飲み方、そしておすすめのココアを紹介しましょう。

ココアの効果ってどんなもの?

ココアには食物繊維をはじめ、様々な栄養素が含まれています。

ココアに含まれる主な栄養素と、その効果を紹介していきましょう。

・食物繊維

腸内環境を整える効果があるため、便秘解消が期待できます。

・テオブロミン

テオブロミンには血流を促す効果があるため、冷え性で手先が冷えてしまう人には特におすすめ。

ココアはしょうがよりも体を温める効果の持続時間が長いとも言われており、冷え性を改善する効果があります。

・カカオポリフェノール

カカオポリフェノールには、活性酸素を取り除く働きがあります。

活性酸素は肌トラブルや老化を引き起こす原因になるもの。

そのため、ココアからカカオポリフェノールを摂り入れることで、美肌効果やアンチエイジングの効果が期待できるのです。

また、カカオポリフェノールはストレス状態を解消し、リラックス効果があることも知られています。



【スポンサードリンク】


ココアの健康的な飲み方は?

このように様々な効果が期待できるココアですが、よりその効果が得られるような健康的な飲み方を挙げていきましょう。

まず、ココアを飲むときに注意したいのは、なるべくホットで飲むこと。

アイスココアなども販売されていますが、アイスでは体を温める効果が半減してしまいます。

そして、ココアを飲むときは調整ココアではなく純ココアを選ぶこと。

栄養素が多く含まれているのは純ココアのため、調整ココアではココアの持つ良い効果が得られません。

調整ココアには、ミルクや砂糖などが多く含まれているため、量によっては糖分を摂りすぎてしまう場合があります。

そのため、純ココアを選び、甘味が足りない場合には蜂蜜やオリゴ糖などで甘みを加えるのがおすすめです。

ミルクを足す場合は、豆乳を使用しても良いですね。

また、ココアを飲む時間は朝~昼頃にし、1日1~2杯程度にしておきましょう。

これは、ココアにはカフェインが含まれているので、夜に飲むと眠れなくなってしまう可能性があるため。

さらに、ココアに含まれるテオブロミンには利尿作用や興奮作用もあるので、睡眠の妨げになってしまう可能性もあるのです。



【スポンサードリンク】


おすすめのココアを紹介!

では、健康的にココアを楽しむためのおすすめのココアを紹介しましょう。

・バンホーテンピュアココア

ココアと言えばバンホーテンというイメージを持っている人も多いでしょう。

香料や添加物が一切入っていないため、ココアの純粋な味を楽しむことができます。

・森永 純ココア

1920年から販売されている歴史の古い純ココア。

お菓子などにも使いやすいので、1つ用意しておくと便利です。



【スポンサードリンク】


ココアの様々な効果や健康的な飲み方を紹介してきましたが、いかがでしたか。

飲み方に気を付けて、美味しく健康的にココアを飲みましょう。

関連記事