いちごは野菜?果物?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いちご

いちごパフェやいちご大福など、お菓子に使われることも多いいちご。

一般的に果物として認識されているいちごですが、実は野菜に分類される場合があるということをご存知でしたか?

いちごが野菜に分類される理由はなぜなのでしょうか。

果物と野菜の定義なども含め、その理由を調べてみました。



【スポンサードリンク】


果物と野菜の定義とは?

果物と野菜は、一体どのような分類になっているのでしょうか。

例えばそのまま生で食べられるものが果物で、加熱したりドレッシングをかけて食べるものが野菜だとされていたり、甘いものは果物、そうでないものは野菜など、様々な見解があります。

実は、農林水産省によれば、果物と野菜には明確な定義というものはないとされています。

果物と野菜の分類には、国によってそれぞれ基準が異なっていたり、生産・流通・消費など、それぞれの段階によって区分が異なる場合もあるのです。

では、それぞれの段階による違いを見ていくと、まず生産段階では、以下のような分類があります。

・野菜
一年生か二年生の草本類で、一度実をつけて収穫が終わると、田畑を片付けて再度新しい作物を作るもの

・果物
多年生の木本類で、継続して何年も収穫が可能なもの

また、流通・消費段階では明確な定義はありませんが、一般的に調理して副菜として食されるものが野菜、デザートとして食されるものが果物として認識されています。

このように、分類する条件によって、野菜と果物の定義は異なるため、どのような点に注目するかで、野菜に分類されるか、果物に分類されるかが違ってくる食べ物があるのです。

いちごは野菜?果物?

いちごは木ではなく草にできるもの。

また、多年生ではありますが、一度収穫をしたらまた苗から植えるのが一般的で、その点が毎年収穫をする果物とは異なります。

そのため、生産段階の定義でいくと、野菜に分類されます。

しかし、流通・消費段階での定義でいけば、いちごは完全に果物として認識されているもの。

このいちごのように生産上の分類では野菜であるけれども、果物として流通しているものを、農林水産省では「果実的野菜」として分類しています。

果実的野菜という名称ですが、あくまで野菜の一部であるため、統計資料などでは野菜の分類に含まれています。



【スポンサードリンク】


いちご以外に野菜に分類されるものは?

いちごと同じように、一般的に果物として認識されているものでも、野菜に分類されるものは他にもあります。

例えば、メロンやすいかなど。

メロンやすいかは一年生の草本類のため、野菜に分類されますが、一般的には果物として認識されているもの。

そのため、農林水産省ではいちごと同様に「果実的野菜」として分類しています。

また、逆にそのまま食べることがあまりなく、料理に使われることの多い果物として、「野菜的果実」といった分類の果物もあります。

野菜的果実にはゆずやすだち、レモンなど調味料に使われるかんきつ類が多く分類されるようです。



【スポンサードリンク】


いかがでしたか?

果物と野菜の分類には、いろいろと種類があるということがお分かりいただけたかと思います。

いちごを食べる上では、野菜か果物か、というのはそれほど重要ではありませんが、豆知識的に覚えておくとよいかもしれませんね。

関連記事