ボールペンのインクが出ない!ティッシュで復活させる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャーペン

ボールペン。しばらく放置しておくといざというときに
インクがでない!用紙の傷ばかりがついてイライラ。

どうにか出そうといらないかみにくるくる書きなぐったり
は〜っと息をふきかけてみたり・・・そんな経験はありませんか?

そんな出なくなったボールペンインクを復活させる役立ち情報をご紹介します!
いきなり捨てないで、まずはトライ!!



【スポンサードリンク】


ティッシュペーパーの有効利用♪

どの家庭にもあるティッシュペーパー。
最近は花粉症で使用過多なんてことも!?
そのティッシュペーパーをつかってインクを復活させましょう。

まずティッシュを一枚手にとり、
ペン先を押し付けずに、やさしく何度か書いてみましょう。
線を数本やさしくなぞるようなイメージです。

幾度か続けるうちに、インクが書けるようになりますよ♪
だいたいのボールペンはこれで復活します。



【スポンサードリンク】


ティッシュでインクがでる仕組みはこれ!

ティッシュでなぜインクが出るのか?
その仕組みはボールペンになります。
ボールペンにはペン先にボールがついています。
そのボールの回転によってインクが外にしみ出す仕組みなっているのですね。

ティッシュには細かい凹凸があり、
その凹凸がボールの回転を滑らかにしている
と考えられます。

他にも方法はあります。
例えば、
「温める」

これは上級者向けですがライターなどで軽く炙る人もいます。
あとはお湯にペン先をしばらくつけて
何度か紙に試し書きをするとインクがでることもあります。
お湯にペンを全て浸してしまうとバネが壊れてしまったり
また火を使って焦げたりするのも危険なので

あまりおすすめはできませんが方法の一つです。

あるいは
「よく振る」

インクの間に空気が入ってしまって、それを解消するのにはよい方法です。
ですが、ふり続けなければならず労力を要します。
万年筆や採点用の赤ペンなどインクが液体状のものには
かなり有効ですが、通常のボールペンには
効果が薄いかもしれません。

やはりティッシュの上で何度か試し書きをし
ボールペンの先のボールの回転を滑らかにするように努力するのが
ベストな方法でしょう。

それでもどうしても出ない・・となればインクの交換をしてください。
よくペンそのものを捨ててしまいがちですが
壊れていないのであれば芯を取り替えるだけで
十分使用可能です。



【スポンサードリンク】


ペン一本からでも資源を守ることはできます。
大事に大切に使いきりましょう!
あれ?インクが出ないな〜と思ったら
まずはティッシュを!

古いペンも第二の人生を歩めるはずです☆

関連記事