花粉症で咳や痰が止まらない!市販薬は何が効くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風邪

春や秋など、花粉が飛ぶ季節になると、辛くなってくるのが花粉症。

花粉症になると鼻水や鼻づまりだけでなく、目がかゆくなったりと日常生活にいろいろ支障が起きてしまいますよね。

更にひどくなってくると咳や痰が止まらないという人も。

では、花粉症の咳や痰には、どのような市販薬が効果的なのでしょうか。



【スポンサードリンク】


花粉症で咳や痰が出るのはなぜ?

花粉症というと、鼻水やくしゃみという症状が一般的なので、咳や痰のイメージがない人もいるかもしれません。

もちろん、花粉症と合わせて風邪を引いて咳が出るという可能性もあるのですが、長引くようであれば、花粉症が原因の咳や痰である可能性が出てきます。

風邪でも花粉症でも、咳や痰が出る原因は同じ。

花粉や菌などの異物が鼻の粘膜についた場合、それを排出するために鼻水やくしゃみが出ます。

この異物がのどについた場合には、咳や痰で排出しようとするため、花粉症の場合でも咳や痰が出るのです。

また、花粉が粘膜につくことや、鼻水がのどに流れることにより、のどに炎症が起こってしまいます。

さらに、鼻づまりになると口呼吸をすることが多くなり、のどが乾燥してより炎症を起こしやすく環境になってしまうのです。

このようにのどに炎症が起こってしまった結果、咳や痰がたくさん出ることになります。



【スポンサードリンク】


花粉症の咳や痰にはどんな市販薬が効くの?

では、花粉症による咳や痰には、どのような市販薬を飲むと効果的なのでしょうか。

通常、咳や痰がひどい場合には、咳止めの薬や風邪薬を飲むことが多いでしょう。

しかし、花粉症が原因と考えられる場合には、咳止めや風邪薬では十分な効果が得られない可能性が高くなります。

花粉症が原因の場合には、やはり根本原因である花粉症の症状を抑えることが、咳や痰の改善にもつながります。

そのため、アレルギー症状を抑えるための、抗アレルギー薬を飲むのが最も効果的です。

例えば、「アレグラFX」は、病院で処方されるのと同じような成分の抗アレルギー薬のため、おすすめの薬の一つです。

また、「アレジオン10」は1日1回の服用で効果があるため、特に薬を飲み忘れることが多い人などにおすすめです。

もしいわゆる抗アレルギー薬に抵抗がある、という場合には花粉症に効果のある漢方薬を選んでも良いでしょう。

小青竜湯は花粉症によるアレルギー症状に対し効果のある漢方薬です。

他の薬に比べると効果は緩やかではありますが、強い薬を好まない人には特におすすめです。

この他、市販の薬には咳止めなど咳に対するものに特化した薬もありますが、花粉症が原因の場合には、花粉症を抑えることが最も大切。

花粉症の薬と咳止めの市販薬を自己判断で併用することは良くないため、市販薬で対応する場合は花粉症の対応を基本にしましょう。



【スポンサードリンク】


今回は花粉症の咳や痰に効く市販薬を紹介してきましたが、いかがでしたか。

症状がひどかったり長引いている場合にはもちろん、耳鼻科を受診して症状にあった薬を処方してもらうのが一番です。

しかし、なかなか病院に行けない場合などには、市販薬をうまく活用して、症状がひどくならないように注意しましょう。

関連記事