ボールペンの染み抜き。白衣に酢や漂白剤を使っていいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャーペン

あっしまった〜〜!!

うっかり白いワイシャツにボールペンのインクを
つけてしまったことはありませんか?

あるいは胸ポケットにペン先の出たままボールペンを
さしてしまって、黒いシミができたことはありませんか。

一見薄くすぐとれそうに見えるボールペンのシミですが
結構取りづらいのです。そこで今回は

白衣などの白い衣服についたボールペンのシミをとる方法を
ご紹介します。



【スポンサードリンク】


まずはインクの属性を知りましょう

ボールペンのインクの多くは油性や水性のものです。
この場合、中性洗剤とエタノールを使うととることが可能です。

中性洗剤とエタノールの同量を混ぜ合わせ
白いタオルに少し染み込ませ、シミのついた部分を軽くたたきます。
すると通常はしみがとれていきます。

でもちょっと待って!!
もしも色のついた生地だと「色落ち」しかねません。
ボールペン染みよりも目立ってしまって
大ショックなんてことも。

そこで必ず「色落ちチェック」をしましょう。

ここで直接染みにつける前に、色落ちチェックをしてください。
方法は簡単です。
その洋服の目立たないところ(裏地など)に
先ほどのタオルをちょんとつけます。
タオルに生地の色がつくようならば色落ちします。
そのような場合は専門店に持って行くようにしましょう。



【スポンサードリンク】


白衣などは無地なので問題なく作業をすすめられます。
まず、インクのついた生地の裏に吸収性のよい紙や布をしきます。
キッチンペーパーなどは捨てやすく便利でしょう。

そして上から洗剤をつけたタオルでたたきます。
こすると生地の繊維を傷つけてしまい毛羽立ちなどになりますから
軽くたたき続けることが大事です。

何度か繰り返したら洗濯機で通常洗濯します。
きれいに染み抜きできているはずです。

除光液などのベンジンを代用してもうまくいきますが
色がついているもの、大事にしている衣類でしたら
まずはクリーニング店に相談するほうがよいかもしれませんね。

黄ばみなどでしたら漂白剤なども使用可能ですが
ボールペンなどは洗剤でインクを溶かし落とすほうがよいでしょう。

いずれの作業も皮膚に負担となりますので
手袋を着用の上、また目等に入らないように注意して
作業してください。



【スポンサードリンク】


しみとりは、日本人のものを大切にする心から生まれた
地球に優しい技術ですね。案外、簡単にできるものです。
すぐに捨ててしまわずに、一度は試してみてください。
愛着がわいて一生の思い出の品になるかもしれませんよ。

関連記事