ホワイトデーのマシュマロの意味は?お返しの際は要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バレンタイン

3月14日はホワイトデー。

バレンタインデーにチョコレートをもらった人は、どんなお返しをしようかと悩みますよね。

いろいろなお菓子が、ホワイトデーのお返し用としては販売されているので、相手の好みや値段などで選ぶことももちろんできます。

しかし、実はホワイトデーのお返しのお菓子には、それぞれ意味があるとされているのをご存知でしょうか。

そのため、贈る際にはその意味を考えないと、贈った相手に誤解されてしまう可能性も・・・。

そこで、ホワイトデーのお返しについて、それぞれの意味と贈る際の注意点などを紹介しましょう。



【スポンサードリンク】


ホワイトデーのお返しのお菓子とその意味は?

ホワイトデーに贈るお返しとしては、クッキーやマシュマロ、キャンディなどがあります。

その他にも、お返しで選ばれることの多いお菓子はいろいろありますが、その意味とともに挙げていきましょう。

・クッキー⇒あなたは友達

・マシュマロ⇒あなたのことが嫌い

・キャンディ⇒あなたのことが好き

・マカロン⇒あなたは特別な人

・チョコレート⇒特に意味はなし

わざわざお返しの内容で「嫌い」と伝えるなんて、意識している男性がいるとも思えませんが、基本的にはこのような意味があると言われています。

そのため、何も考えずマシュマロをお返しとして贈ってしまうと、相手の女性から誤解を招く可能性もあるのです。



【スポンサードリンク】


ホワイトデーのお返しを選ぶときの注意点は?

それぞれのお菓子の意味をお伝えしましたが、これを考えるとお返しにマシュマロを贈ることは避けたほうが無難だと言えそうです。

完全な義理チョコだと分かるチョコレートだとしても、女性というのはお返しの意味などを気にする人も多いもの。

義理チョコに対し、「嫌い」という意味を持っているマシュマロを返されてしまうと、落ち込むというより怒りを買ってしまうかもしれません。

そのため、義理チョコのお返しであっても、マシュマロは避けましょう。

一番無難なのは「あなたは友達」を意味するクッキーを贈ること。

クッキーであれば、不要な誤解を与えることもないため、安心して贈ることができますね。

または、特に意味がないとされているチョコレートを選んでも良いでしょう。

本命チョコへのお返しの場合、お相手のことを好きな場合にはキャンディかマカロンを贈るようにしましょう。

それだけで気持ちが伝わるかどうかと言えば微妙ですが、他の物を贈ってしまうと、これまた誤解のもとです。

なるべく本来の気持ちに近いお返しの品を選ぶのが、トラブルを避けるコツですね。

また、複数の女性社員からいただいた、明らかな義理チョコなどの場合には、一般的な意味のあるお菓子でなくとも、ドーナツやマフィン、パウンドケーキなどでお返しをするのもおすすめ。

特に手に入りづらい人気店のお菓子などを贈ると、ポイントが高いですよ。



【スポンサードリンク】


たかがホワイトデー、されどホワイトデー。

周囲の人との人間関係を円滑にするためにも、ホワイトデーのお返しはしっかり考えて決めましょう。

ちなみにお返しにマシュマロをいただいた、という場合ですが、男性はそういうったことに疎い人もいますし、わざわざお返しをくれる程度の気持ちはあるということですので、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

関連記事